読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで振り返る黄金頭さんの2016年

f:id:goldhead:20160515183447j:plain

タイトル通りです。ブログでこの黄金頭さんの一年を振り返ってみようというわけです。そうでもしなければ、おれの2016年はどこかに漂って、決しておれに顧みられることもなく、銀河の西の方に流れていってしまうからなのです。

不思議の招待状を受け取り、大阪に行ったのこと

goldhead.hatenablog.com

goldhead.hatenablog.com

goldhead.hatenablog.com

ほしい物リストを公開したら、住所がバレて(今はバレないようになっているはず)、大阪行きの新幹線の切符とホテルの宿泊券が贈呈されました。なにに当たったのかわかりません。Amazon経由とかじゃなく、いきなりです。これで、マジです。まったく正体不明の人から贈られたのです。ほんまどうしようかと思ったのも事実です。再度言うけど、ガチです。そして、おれはそのガチに乗って、新幹線にも乗って、大阪に行きました。30代も半ばを過ぎた男が一人旅するくらいなんなん? というのもごもっともだけれど、しかし、こんなんありますか? なんというか、こんな不思議なことはないですよ。それで、なんか今、この瞬間思い出すのは、あぶらかす食べて、電車乗って、ホテルに行く途中にコンビニに寄ったなあ、ということです。記憶とは不思議なもんですとも。しかし、ほんとおれ、横浜市から出ねえなあ。

 

大学中退したことがそんなに珍しいか?

goldhead.hatenablog.com

ちょっとよくわからんなあということもあって、とくにこれなんだけれども、まあ話題の気流に乗ったということでしょうか。【実録】とかちょっとなんかやる気あんじゃんといわれたらそうかもしれないけど、それにしたってこのブックマーク数は異常やと思いました。そして、書いてあることといったら、今まではてなダイアリーはてなブログに書いてきた断片をつなげただけのようなものであって、それでもまあ読んでくれる人、星くれる人がいるならいいか、とか思いました。こんなつまらん人生でも書いてみたら反応がある。みなさん、それぞれに「自分は平凡」とか思ってるかもしれませんが、発表してみたら、人から見てとんでもない奇妙な冒険だったりするかもしれませんよ。

 

初めてのオフ、そして謎の炎上

goldhead.hatenablog.com

インターネットに、というか、はてなにこのid:goldheadさんが登場してから何年経つでしょうか。二桁はいってる。けど、今年になるまでオフ会のお誘いなど受けたことがなかったわけです。「現実にもまったく仕事以外の知り合いがいないから、ネットでもぼっちだな」と思っていたのですが、ついにお声がかかりました。しかもまあ、はてなの村長さんからです。で、たぶん例年だったら適当なこと言って断っていたのでしょうが、その前の大阪行きというなんかすごいことがあったので、どうせなら行ってやれ、と思ったのでした。お誘い感謝なのでした。それでもって、ろくに自転車も乗っていなかったので待ち合わせ場所に2回ほど事前に自転車こいで行ったのもいい思い出です(町田のあたりの道は嫌いです)。それで、やっぱり慣れていないものだから、レポートというか、そういうものもよくわからないものになってしまいました。しかし、ともかくこの関内関外日記の人がリアルに実在すると、だいたい4人くらいの人に知ってもらえる年になりました。べつに、オフに行かないと心に決めている人間ではないのです。臆するけれども。

goldhead.hatenablog.com

それでですよ、そのあと、「今日作ったカレー鍋はおいしかったです」くらいの内容のつもりで書いたこの記事が炎上して、飛び火して、なんかどっかのラーメン屋が空焚きしたみたいなことになって、いったいこりゃなんだってなったのです。こういう経験はしたことがない、というくらいでした。あくまで、「ロードバイクによる来客を望む施設はバイクラックを設置してみるといいかもしれない」というくらいのことです。いやはや、ほんとうに。しかし、これもタイトルでちょっと煽ってる、ってあとの記事にも書きましたが、タイトルひとつでドカーンとくるのが今のネットなんでしょうかね。自分でやっておいてなんですが、あんまりそういうテクニックばかり横行するのはおもしろくねえな、とか思いますです、はい。

 

たくさんのお恵み

最後に、今年はAmazonほしい物リストからたくさんのものをいただきました。食べ物から靴までさまざまです。これには感謝しかありません。だってなんというか、お金って命の次に大切なものじゃあないですか。というか、お金がなければ命をつなぐことすらできない。そこで身銭を切って、なんの見返りもなさそうなおれになんか買ってくださるって、もう、なんといっていいかわからんです。これが今年の衝撃でした。ただただ頭を垂れるのみであります。とかいいつつ、もっと贈ってくれたっていいんだからね! ……とかろくでもないことを言って終わります。みなさまよいお年を。

f:id:goldhead:20160419124042p:plain