読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なんでこんな服買っちまったんだ?」って思ったことのないやつとは、仲良くなれないぜ

日記

f:id:goldhead:20160606201051j:plain

ドラッグ・ストアで食器洗い用のスポンジと洗濯洗剤を買って店を出たら、目の前をすごい勢いでうす茶色の猫が横切った。

そのとき、おれには全部わかっちまった。全部、全部、わかっちまった。なにって、この宇宙のすべてがわかっちまった。全部だぜ、全部。

石川町、ラブホテル街、エレベータがガクンとなるあのホテル。

コルト・ガバメントがブローバック、ブローバック、ブロークバック・マウンテン。いくにはまだ早すぎる。サインとコサインの間を考えろ。

アサイン、イサイン、ウサイン、エサイン、オサイン、カサイン、キサイン、クサイン、ケサイン、コサイン、そしてノー・タンジェント

ノー・タンジェント

あんたには山が見えたのか。

おれには海が見えた。

岸壁の上でまどろむ猫を見た。

水面の反射光。

大きな黒い鳥が突っ込んだ。

ブラックホーク・ダウン

弾性に、男性に、惰性に、ダンセイニ卿。

天体による永遠を生きるおれのヴァリアント。ちょっとの変異ではこの不幸から抜け出せない。おれには全部わかっちまってるんだ。

だからおれはこう告げてやろう。「なんでこんな服買っちまったんだ?」って思ったことのないやつとは、仲良くなれないぜ。

まったく、仲良くなれる気がしないんだぜ。