読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone SEにBluetoothのヘッドホンでジョギングする

おれはジョギング中に音楽を聴きたい人間である。というか、どちらかというと音楽を聴くために走っているようなところすらある。音楽を聴く時間が少ないのは、自転車通勤者の弱点だ。 雨の日になると音楽を聴きながら歩けるので、雨の日は音楽の日でもある。

まあそれはともかく、ジョギングにイヤホン、ヘッドホン(←この使い分けがいまいちわからん)、そういう話である。最初は普通のイヤホンを使っていたが、水に強いわけでもないし、運動に向いているわけもなく、断線したり壊れたりだった。

そんなおれがたどり着いたのが、下の日記に記したやつである。

d.hatena.ne.jp

ジョギング用に作られていて、耳かけのフックがついている。(スポーツ用)メガネとダブル装着でも気にならない。悪くない代物だ。

が、しかし、上の日記から時が経ち、おれはしばらくの間走っていなかった。走るのを再開してから、ふと気づいた。音楽を聴きながら走っている人で、コードをブラブラさせているのはおれくらいだ、と。そう、時代は無線なのである(いや、そうとう前からそうだったかもしれないが)。無線かぁ、無線はいいのかなぁ? 音質やノイズはほとんどこだわらないが、耳に合うかなァとか思っていた。とりあえず保留、とほしい物リストに一個突っ込んどいた。

 

これである。

これがこうなったのである。

というわけで、早速つけて走ってきたのである。せっかくのワイヤレスなので、iPhoneもポケットでいいかとジョギング用のハーフパンツのポケットに入れて、いざ出発。……が、これは失敗。ポケットの中でiPhoneが揺れて気になる。走りにくい。おまけになにかときどき音が途切れる。一瞬、「初期不良か?」とか思った。思ったが、iPhoneを手に持って走りだしたら音は安定した。揺れの問題か、距離の問題かわからない。まあ、次からは上腕に巻くポーチに入れよう。それにしても、コードがないのに片手にiPhoneを握りしめて走るというのも変な感じだ。

とか思っていたら、今度は汗でヘッドホンがずれてきた。まだ適切なポジションがわからぬ。右と左を繋ぐコードも、まだ強く巻かれていた影響があるのかもしれない。直し直し走る。しだいに耳のあたりをいじりながら歩く。

そして、ふととんでもないことを思いついた。「メガネ取ったらフィットするんじゃねえの?」。が、待ってくれ。おれがスポーツ用のメガネ(自転車用に昔買った度入りのルディプロジェクト。クロスバイク一台分くらいの値段)をしているのは、虫よけとか眩しさ対策ではなく、視力矯正のためである。とはいえ、車も入れない道をダラダラ走るくらいは問題ないんじゃないのか。むしろ、これからのジョギングはメガネなしというのもありか? 少なくとも法には反していないだろう(たまたま歩道をハイハイしていた子供を踏み殺したりしたら責任は重くなるだろうが)。

というわけで、主旨が完全にそれて、iPhoneをポケットに戻し、メガネを片手に走るおれ。どうなってるんだ、まったく。うーん、なにか開放感はある。あるけど、いや、やっぱりちょっと怖いわ。やっぱメガネや。というか、片手にメガネ持って走ってるやつはおかしい。やっぱりどうなってるんだ。

そんでもって家帰ってシャワー浴びて野菜炒め作りながら、ワイヤレス・ヘッドホンで野球中継やら音楽聴いたりして。って、これいい。コードないのストレスフリーな感じ。いや、室内用にしようってんじゃないけど、想像以上だわ。これでジョギング時のポジションを確定させたら最高やわ。

というわけでまとめ。

  • COULAX ワイヤレスイヤホン bluetooth V4.1はiPhone SEに対応している。
  • 会社でUSBから充電したけど、もとから入ってるっぽい。
  • Bluetooth接続をiPhoneの方で切るとなんか英語でしゃべる。
  • 説明書は英語だけ。でも、だいたいこれがどんな機能のもので、使い手(おれ)がなにをしたいのかはっきりしているので問題ない。すぐにiPhoneと接続できた。というか、Amazonの商品ページに事細かに日本語の説明が書いてある。
  • 音質については、はっきりいっておれの耳ではわからん。わからんが、がっかりしなかった。前のより悪いなとも思わなかった。
  • メガネとの相性は……まあメガネなしに越したことはないのだろうが……べつに使えるんじゃね?
  • というか、こんないいもの買っていただきありがとうございます。
  • 以上

>゜))彡>゜))彡>゜))彡>゜))彡

ちなみに晩ごはんは野菜炒めと米とカレーでございました。はてなダイアリー終了のお祝いでしょうか、どうもどうもほんとうにありがとうございます。

 

でもってお約束の。

f:id:goldhead:20160419124042p:plain