読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリップ・K・ディック 『髑髏』を読む

 

髑髏 (ダーク・ファンタジー・コレクション)

髑髏 (ダーク・ファンタジー・コレクション)

 

おれの好きなディックは多作の作家であった。有名な長編、そうでもない長編はおそらくほとんど読んだと思うが、それでも「すべて」とは言い切れない。ましてや短編をや、である。

というわけで、このハードカバー本の存在も知らなかった。『髑髏』。SFではなくダーク・ファンタジー・コレクションというシリーズの10番目の本として出されている。

ということは、ダーク・ファンタジー的ディックとの新たなる出会い? と思ったが、なんてことはない、初期短編の、まあわりと古典的なSF群であった。ディックの短編には切れ味がある。とはいえ、本書に集められたものは、まあわりと、という感じであって、まだ条件戦だなというのが素直なところである。まあ、ディック未読者はここから入ってもいいかもしれないが、べつにいい入り口もあるよ、というところだろうか。そんなところ。

>゜))彡>゜))彡>゜))彡>゜))彡

d.hatena.ne.jp

……なにせ、デビュー作(一般小説)ですら長いこと邦訳版が出ていなかったくらいだ。まだまだディック世界は広がっているにちがいない。しらんけど。