読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬を殺すな 『ジョン・ウィック』

 

どんな映画にも、一つくらいためになる教えがあると思う。どんなくだらなかったり、娯楽に徹していたり、難解で眠くなるようなやつだったりしても、一つくらいはある。たとえば『ワイルド・アット・ハート』でいえば「ベンツを煽るな」だし(あれ、『ロスト・ハイウェイ』だっけ?)、『哀しき獣』であれば、槍槓に注意しろ、ということだ。

そういう意味で言えば、本作のためになる教えは「犬を殺すな」に尽きるだろう。あまりよくわからないやつの犬を殺さないほうがいい。これだ。そんなことをしたせいで、元・殺し屋を殺すマンの怒りをかってしまい、むちゃくちゃひどいことになる。ガン=カタで皆殺しである。恐ろしい、恐ろしい。

とはいえ、あまり他人の犬を殺す機会もないだろうし、そこらへんに引退した殺し屋を殺すマンがいるわけでもないので、ありがたい教えもあまり有益ではないかもしれない。まあ、なにかしらアクションシーンがかっこよく、渋かった、そんな映画だった。そんくらい。おしまい。

>゜))彡>゜))彡>゜))彡>゜))彡

 

哀しき獣(字幕版)

哀しき獣(字幕版)

 

 

あの槍槓さえなければ……『哀しき獣』を観る - 関内関外日記(跡地)