読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

700mlを千数百円で買える8本くらいのスコッチの感想

食べ物

冬になるとウイスキーが飲みたくなる。シングルモルトがいい。いいのはいいが、最低限のレベルに達しているものでも、一本三千円以上する。たかが三千円か? お前はそうなのか? おれは違う。一本千円くらいがいい。千円ちょっとなら出せる。だからおれはBLENDED SCOTCH WHSKYを買うというわけ。

 

エンシェント・クラン

エンシェント・クラン 700ml

エンシェント・クラン 700ml

 

スーパーあおばで買える一品(CGCグループで?)。なんというか、スコッチではあるが、それ以上でもそれ以下でもない、なにか特出しているわけでもない代物。進んで買おうという気にはならないが、もう家にスコッチがない、というときは買ってもいいかもしれない。

 

デュワーズ

デュワーズ ホワイトラベル 700ml 1本

デュワーズ ホワイトラベル 700ml 1本

 

 「アメリカで」一番売れているスコッチとかいう。それならそれでいいんじゃね? くらいの感じ。ブレンデッドの安いスコッチ以上でも以下でもないという。瓶の装飾は嫌いじゃない。

 

 ティーチャーズ

スコッチの先生が配合したとかなんとかいうが、千数百円のスコッチ以上でも以下でもないような。でもちょっと、上品な感じがしないでもないような。ラベルもわりと上品。

 

フォート・ウィリアム

現地蒸留所にて、ニッカのブレンダーにより日本人向けに仕上げたとかいう。その結果といえば、とくにこれといった癖もなく、まあこの値段くらいのスコッチ以上でも以下でもないという一品。

 

 ベル

ベル オリジナル 700ml

ベル オリジナル 700ml

 

英国で一番飲まれているとかいないとか。とはいえ、それといった癖もなく……、いや、後味にけっこう残るものがある一本。そこそこ濃厚だ。

 

カティー・サーク

これはなにか薄い感じがする。もちろん、スコッチ以上の感じはするが、なにか薄い。薄いのが好きな人にはいいかもしれないが、おれはいまいち相性が悪い。「カティー・サーク」という名前の響きは好きだけれど。

 

カティー・サーク・ストーム

カティー・サークとは愛称が悪いと言っておいてなんだが、「ストーム」はいい。この価格帯ではいい。おれはそう思う。ただ、これはどっかの酒屋の特売で買ったので、本来この価格帯かどうかしらない(本来であっても二千円程度であろうが)。おすすめ。

 

番外1・バランタイン・ファイネスト

バランタイン ファイネスト40゜ 700ml
 

コンビニでも見かけるスコッチ。おれが初めてウイスキーに手を出したのはこれだったし、こればっかり飲んでいたこともあった。なので最近はご無沙汰。でも、たぶん値段なりのパフォーマンスを見せてくれることだと思う。

 

番外2・富士山麓

キリン ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50度 700ml
 

スコッチじゃなくジャパニーズだが、富士山麓、これである。これのなにがすごいかというと50度というアルコール度数であって、おれのようなアルコール依存症者にとってこれは魅力以外の何者でもない。おれはウイスキーを割って飲むことはないので、これのストレートはなかなかのストレートだ。おすすめできるかどうかというと、なんともいえないが、とにかく酔いつぶれたいとかいうときはこのあたりでどうだろうか。

 

……てなところで、なぜかこの冬、安いスコッチを買い続けているのでこんなん書いてみた。今、このときは「ベル」と「里の曙」と「プリマス・ジン」のトライアングルをストレートで飲んでいる。だからなんだ。薬とのバッティング? 知った話か。あと、これを読んで「こいつは虚しい酒を飲んでいる」と思った人がいたら、Amazonほしい物リストからシングルモルトウイスキー送ってください。お願いだぜ。

 

f:id:goldhead:20160419124042p:plain