『その男、国家機密につき』を観る

その男、国家機密につき [DVD]

その男、国家機密につき [DVD]


 顔の表情筋から嘘をついている人間を見分ける研究をしている友人が、ヒトラーの自殺について語る元親衛隊などの映像から、それが嘘であることを発見する。そして、連合軍は戦後、ヒトラーが生きて逃れているのではないかということから、ベルリンで似た容姿の人間を連行するというレベッカ作戦を行っていたことがわかり、その中の一人であるが戦後アメリカに渡りアドルフ・ムンチェンハウザーとして……。
 ……という設定のドキュメンタリ風コメディ(?)映画。ヒトラー生存説自体や、ドラァグクイーン・ショーの運転手をしていたとか、フードチェーンで働いていたとか、そういう設定は面白いけど、映画としてはやや雑でちゃちだった。どうでもいいが字幕の誤植も二箇所あった(「非情」と「膝を突く」)。まあ字幕はどうでもいいけど、なんかもっとドキュメンタリ風に振るにしてもしないにしても、突き通せよと思った。
 それになんというか、時代がな、時代。原題は「One Hundred Years of Evil」らしいけど、2010年代にヒトラー生存説を追うとなると、ワンクッション、さらに何十年か前にそれを追っていた人たちが居て……くらいでいいような気もした。どうでもいいか。うーん、まあそんなところ。

帰ってきたヒトラー 上

帰ってきたヒトラー 上

帰ってきたヒトラー 下

帰ってきたヒトラー 下

↑ところで、これは面白いのかしらん。

_____________________________________________