読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの「ウィンドウ」をいくら窺きこんだって……加島祥造『タオ 老子』を読む

 

タオ―老子 (ちくま文庫)

タオ―老子 (ちくま文庫)

 

言い直すと、世界ははじめ、

タオ・エナジーの働きを

徳(テー)として尊んだんだがね。

それを見失ったあと、

人道主義を造りだした。

それを失うと。

正義を造りだした。

正義さえ利かなくなると、

儀礼をはじめた。

儀礼がみんなの基準になると

形式ばかり先行して、裏では

むしり合いが始まった。

先を読みとる能力を威張り

愚かな競争ばかり盛んになった。

 

あの道(タオ)の

最初のパワーにつながる人は

上辺の流れを見過ごして平気でいる。

ものごとが自然に実を結ぶのを

待っていられる。

花をすぐ摘み取ろうなんてせずに

ひとり

ゆっくり眺めている。

「徳 大きな愛」

 今、時代は老子、といえるかどうかわからない。とはいえ、おれは加島祥造の英訳からの和訳であるところの『老子道徳経』を読んで、現代的というか、次世代的ななにかを感じたというのは紛れもない感想ではある。それが幾度となく繰り返されてきたヒッピー的なもの、西洋から見た東洋的なものなのかもしれないが、やはりそれでも老子の言葉は現代に届く、未来に突き抜けてる、そう思わせるなにかがある。

タオの道は世界に行きわたっている。

けれどもそれは

世界じゅう旅して廻ったって

見つかりゃしない。

インターネットの「ウィンドウ」を

いくら窺きこんだって、分かりゃしない。

遠くへ尋ねてゆけばゆくほど

ますます遠のくんだ、

情報を集めれば集めるほど

ますます分からなくなるんだよ。

「君自身への旅」

もちろん老子は「インターネットのウィンドウ」なんて言ってない。たぶん英訳も言ってない。そこんところを加島祥造が現代の言葉でぶつけてくる。やってくれるじゃないか、という感じがする。この訳を不満と思う人は、それぞれの詩の最後にレ点、返り点付きの漢文がついているので、それを読めばよい。

タオの活力を据えることだ。ただしそれは

修身斉家治国太平天下につながる

なんてことじゃないんだ。

各人がただ、自分のなかの活力を思い

それを大切にすることでいいんだ。

「まずは君自身が「自由」になること」

辻潤老子の思想に影響を受けていたっけ。ともかくとして、老子は天下国家について語りはするが、あくまでも個人のところに、個人の内面のところにタオを見出したほうがいいんじゃねえかと、そういうところがある。そこにアナーキズムもあるし、ダダもあるかもしれない。ないかもしれない。しかし、通じるところはなにかしらあるんじゃないかと思うのだ。

時の政府がモタモタして能率が悪いと

かえって国民は素直に元気に働く。

政府が能率よくぎしぎしやると

国民はかえって不満でずる賢くなる。

世の中のことなんてこんな風に

ハッピーなものは災いを起こすし

ミゼラブルな状態には

ハッピーな動きが潜んでいるんだ。

「よく光る存在だが」

対極と流転、そしてタオの不動としなやかさ。このあたりはなんとなくだが、西洋の凝り固まりのようなものとは逆を行くようなところがある。だからかえって、西洋の人たちのほうがタオに近いのかもしれない、などと思ったりもする。なぜなら、我ら東洋人は(主語が大きい)、いろいろなものから老子の思想のようなものが「真」であるように、当たり前のように思っているところがあるからだ。それゆえに、それを軽視したりしてはいないか。あるいは、敵視したりしてはいないか。

タオはね、

世の中でダメ人間とされる連中の

避難所といえるんだ。

「ようこそ、ダメ人間の避難所へ」

 というわけで、おれのようなダメ人間はタオの道とかいって、霞とか食いたいです、とか的はずれなことを言い出したりする。そうだ、それでもなお、おれは避難所に行けるものなら行ってみたい。おれのようなものを掬ってくれるのだろうか?

天にあるタオの働きは

大きな網(ネット)みたいなものでね、

目はあらくて、

隙間だらけだが、

大切なものは何も漏らさないんだ。

「「天の網」って知ってるかい?」