漫画

津原泰水/近藤ようこ『五色の舟』を読む

五色の舟 (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2014/04/23 メディア: Kindle版 おれは近藤ようこが漫画化した『高丘親王航海記』と『夜長姫と耳男』にすっかりやられてしまったので、さらに近藤ようこを読もうと思った。 『五色の舟』。原作は津原…

坂口安吾/近藤ようこ『夜長姫と耳男』を読む

夜長姫と耳男 (ビッグコミックススペシャル) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2008/03/28 メディア: コミック おれは近藤ようこが漫画化した『高丘親王航海記』にすっかりやられてしまったので、さらに近藤ようこ漫画を読もうと思った。 『夜長姫と耳男』。原作は…

近藤ようこ/澁澤龍彦『高丘親王航海記』I & IIを読む

高丘親王航海記 I (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2020/09/12 メディア: コミック 高丘親王航海記 II (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2020/09/12 メディア: コミック こちらの記事を読むまで、すっかり忘れていた。 book.asahi.…

エヘ! 度し難い! 『連ちゃんパパ』を一気読みしてしまう

togetter.com 仕事中にこんな記事を見かけた。「後で読もうかな」と思った。アパートに帰って、酒読みながらiPhoneで読み始めた。止まらなかった。最後まで読んだ。 ひでえな、これ。 いろいろな人がいろいろな作品にたとえているけれど、おれもやはり頭の中…

ようやく『無限の住人』を見届ける

おれと『無限の住人』、『無限の住人』とおれ。おれに実家があったころ、おれは「アフタヌーン」の読者であった。ほかにもいろいろたくさんの漫画雑誌を読んでいた。やがておれの実家は失われ、一家は離散した。おれはその仇討ちのために旅に出た。いや、出…

Amazonのレビューに涙する 桜玉吉『日々我人間2』

日々我人間2 作者:桜 玉吉 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2020/01/16 メディア: 単行本 桜玉吉の『日々我人間』の二巻である。予約して買って、読んだ。一気に読むのもったいないので、三日に分けて読んだ。掲載誌の「週刊文春」では2016年から2019年ま…

六段、B級2組、21歳―『3月のライオン』15巻を読む

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス) 作者:羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2019/12/26 メディア: コミック おれは『3月のライオン』の最新刊が出ていることに気づかなかった。気づいたので買った。15巻の主役とも言えるのが、下の自己…

この世は正気ではいられない! 永田カビ『現実逃避してたらボロボロになった話』を読む

先日、こちらの記事というか、漫画を読んだ。 これ、ネットで無料公開されている『一人交換日記』(部分)も読んで、買ってみようかな? と思った。『レズ風俗』も(すべてではないだろうが)ネットで読んだ覚えがある。 togetter.com ともあれ、『現実逃避…

石黒正数はいま日本で一番おもしろい漫画家よな

……って、すみません。言い過ぎです。なにせおれは購読している漫画雑誌もなければ、単行本をたくさん買っているわけでもないからです。そもそも、石黒正数だって『それでも町は廻っている』のアニメが先で知った部類の人間です。ああ、だから、石を投げない…

『ROCA』は、いしいひさいちの『けいおん!』なのか?

おれは仕事中、ふと、いしいひさいちのことが気になった。おれは仕事中、ふと、なにかが気になることがある。目の前にあるのはベルトコンベアではなく、インターネットに接続されたiMacである。おれの後ろには労働を見張る督戦隊がいるわけでもない。おれは…

「最強の平成漫画」というと『闇金ウシジマくん』ということになろう

もしも外国人の知り合いに「ここんところの日本がわかるような映画ってあるかい?」と尋ねられたら、おれは迷うことなく「それは『闇金ウシジマくん』だね」と答えるだろう。おれに外国人の知り合いはいない。 元号で時代を区切るということにどれだけの意味…

タコスが急にかっこよすぎて泣きそうになるからおれは『咲-Saki-』を読み続けるのだじぇ

小林立『咲-Saki-』19巻16ページより おれは『咲-Saki-』シリーズの熱心な読者というわけではないかもしれない。それでもおれは『咲-Saki-』シリーズの読者ではあると思う。本編はすべて買ったし、『阿知賀編』もすべて買ったし、『咲日和』もすべて買った(…

澁澤龍彦好きは、近藤ようこの『高丘親王航海記』を読むべし

Twitterのタイムラインをつらつら眺めていたら、「コミックビーム」誌で『高丘親王航海記』の連載が始まるという記事が流れてきた。おれはすぐに楽天ブックスにアクセス、購入ボタンを押した(電子書籍ではないの? いや、だってどの電子書籍サービスがいい…

幽玄でも無限でもなく - 桜玉吉『伊豆漫玉ブルース』

伊豆漫玉ブルース (ビームコミックス) 作者: 桜玉吉 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/01/12 メディア: コミック この商品を含むブログを見る おれと桜玉吉。桜玉吉とおれ。おれは「ファミ通」の「コン」と「信」が行方不明になる前から「ファミ通」…

山本直樹『レッド最終章』を読む

レッド 最終章 あさま山荘の10日間 (KCデラックス イブニング) 作者: 山本直樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/08/23 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る しばらくまえに気づいた。ひさびさに漫画を売ってる実店舗というところに…

やっぱり石黒正数は面白え! 『木曜日のフルット』7巻、『天国大魔境』1巻

木曜日のフルット 7 (少年チャンピオン・コミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2018/07/23 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る 天国大魔境(1) (アフタヌーンコミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 講…

エアコンと相性が悪い

こないだの休日、おれは腹を壊して、少し熱を出した。 goldhead.hatenablog.com そして、今日もだ。 犯人探しをしないわけにはいかない。そして、すぐに容疑者になったのがエアコンだ。 おれの部屋のエアコンは、前の住人が置いていったもの。部屋の備え付け…

『カルト村で生まれました。』を読む

なんとなく見かけたので、なんとなく読んでみた。なんかネットで一部読んだような気もする。 「カルト村」がどの団体であるかは、わかる人にはすぐにわかるだろうし、わからなくてもググればすぐに出てくるからわかるだろう。著者が名前を伏せているので、お…

『度胸星』読んでしまったんですが!

新装版 度胸星(1) 作者: 山田芳裕 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 新装版 度胸星(2) 作者: 山田芳裕 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブロ…

『へうげもの』が終わってしもうた

へうげもの(25) (モーニングコミックス) 作者: 山田芳裕 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/01/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る おれはかつてそれなりに漫画を読んでいたが、実家喪失と同時に週刊、月刊誌を読む習慣もなくなり、…

おれは四年半も待っちゃいないけれど『苺ましまろ』8巻

苺ましまろ(8) (電撃コミックス) 作者: ばらスィー 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/11/27 メディア: コミック この商品を含むブログを見る おれは『苺ましまろ』が好きである。とはいえ、それが始まったときからのファンというわけではない。一年か…

『咲-Saki-』シリーズはもういいかな……

咲-Saki-(17) (ヤングガンガンコミックス) 作者: 小林立 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2017/11/25 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る おれは中学生のころ近代麻雀三誌を読み漁る麻雀漫画好きであり、登場人物がかわ…

ゴミみたいな人間が読んでも胸糞悪いだけ 田中圭一『うつヌケ』

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 作者: 田中圭一 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (15件) を見る おれは田中圭一のファンである。『神罰』だって最初に単行本で出たときに買った。ネット上で公開…

ななてる作『ワールドウィッチーズ2』を読む

ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲 Contrail of Witches 2 (角川コミックス・エース) 作者: ななてる,島田フミカネ&Projekt World Witches 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/06/26 メディア: コミック この商品を含むブログを見る すばらしいス…

タカハシマコ『棺の中は黄色いバラ』を読む

棺の中は黄色いバラ (1) (バーズコミックス) 作者: タカハシマコ 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス 発売日: 2016/04/23 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る おれの好きな漫画家を十人挙げろと言われたら、タカハシマコ先生は確実に入る…

タカハシマコ『トイレの王子様』を読む

トイレの王子様 (GUSH COMICS) 作者: タカハシマコ 出版社/メーカー: 海王社 発売日: 2014/07/10 メディア: コミック この商品を含むブログ (4件) を見る おれの好きな漫画家というと、いろいろといらっしゃるのであるが、少なくとも10本の指に入る漫画家と…

ファンだから買った 『それでも町は廻っている公式ガイドブック廻覧板』

それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 (ヤングキングコミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 少年画報社 発売日: 2017/02/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る ああ、もう出てたのけっこう前だったんだ。金のない季節…

もう『ゆるゆり』は卒業かな……。

うわ、なんかタイトル打ってみて、40を目の前にした独身男が書くにしては非常に気持ち悪いということに気づいた。むろん、それはいま打って気づいたことで、すばらしい『ゆるゆり』との関係の終わりについては、その前に感じていた。 ゆるゆり (15) 特装版 (…

パルメニオン、いつになったら次が読めるの? 『ヒストリエ』10巻を読む

ヒストリエ(10) (アフタヌーンコミックス) 作者: 岩明均 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る もう、ほとんどタイトルオンリー、ワンアンドオンリー。というか、おれ、9巻読んだっけ? d.hatena.…

このすばらしい終わり方に拍手を 『それでも町は廻っている』最終巻

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 少年画報社 発売日: 2017/02/14 メディア: コミック この商品を含むブログ (7件) を見る おれのなかの三大石黒といえば石黒浩博士、カズオ・イシグロ、そして石黒正…