感想文

人は案外死なないけれど、簡単に殺せたりもする 鈴木智彦『全員死刑』を読む

全員死刑: 大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記 (小学館文庫) 作者:智彦, 鈴木 発売日: 2017/11/07 メディア: 文庫 全員死刑、である。どこの全員か。九州のヤクザ家族四人、父、母、兄、弟の全員が死刑判決を受けた。これである。その「弟」の手記が中心と…

東海林さだお×赤瀬川原平『ボケかた上手』を読む

ボケかた上手 作者:東海林 さだお,赤瀬川 原平 発売日: 2003/07/17 メディア: 単行本 おれは鹿島茂が「ドーダ」について言及しているのを読んだ。「ドーダ」の始祖は東海林さだおということになる。ということで、東海林さだお、赤瀬川源平の対談にたまにゲ…

『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』第2話「結成ストライクウィッチーズ」を見て泣く

w-witch.jp こんにちは、すばらしいストライクウィッチーズ(天の恵みあらんことを!)の第2話を泣きながら見たおっさんです。 はじめに申し上げておきますが、この「泣きながら」は比喩や誇張ではないのであります。後半パートで仲間たちが集ってくるあたり…

ダービージョッキーと名人 『Number』を読む

Number(ナンバー)1012号[雑誌] 発売日: 2020/10/08 メディア: Kindle版 将棋特集で買った「Number」。今度は競馬特集で買った。おれは「競馬の天才」というもっとどろどろした競馬雑誌を毎月買っているので、「Number」を買うこともないのだが、次の記事が…

鹿島茂『悪の箴言 耳をふさぎたくなる270の言葉』を読む

悪の箴言(マクシム) 耳をふさぎたくなる270の言葉 作者:鹿島茂 発売日: 2018/03/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) マクシム(Maximes)というのはラ・ロシュフーコーの著作が元になった言葉で、「辛辣な人間観察を含んだ格言、箴言」という意味らしい…

『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』第1話「アルプスの魔法少女」感想

【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第1巻 ( 早期予約特典:アニメ描き下ろし“聖夜のスペシャルビジュアルボード[台座付き]"付 )( 全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX+A3クリアポスター引換シリアルコード付 ) [B…

SFアジアン武侠ファイナルファンタジー 『翡翠城市』を読む

翡翠城市 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 作者:フォンダ リー 発売日: 2019/10/17 メディア: Kindle版 ケコン島――それは選ばれし者グリーンボーンたちの島。彼らは、島の貴重な天然資源である翡翠のエネルギーを制御することによって、怪力、敏捷、感知など…

2020年 夏アニメ感想

2020年の夏アニメもそろそろほぼ終わった。コロナ禍でいろいろあったので、いろいろあったんだろうな、という夏アニメであった。五十音順で最後までみたものの感想をメモする。 A.I.C.O. Incarnation A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box 1 発売日: 2019/02/26…

津原泰水/近藤ようこ『五色の舟』を読む

五色の舟 (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2014/04/23 メディア: Kindle版 おれは近藤ようこが漫画化した『高丘親王航海記』と『夜長姫と耳男』にすっかりやられてしまったので、さらに近藤ようこを読もうと思った。 『五色の舟』。原作は津原…

坂口安吾/近藤ようこ『夜長姫と耳男』を読む

夜長姫と耳男 (ビッグコミックススペシャル) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2008/03/28 メディア: コミック おれは近藤ようこが漫画化した『高丘親王航海記』にすっかりやられてしまったので、さらに近藤ようこ漫画を読もうと思った。 『夜長姫と耳男』。原作は…

『ハンター・キラー アメリカ空軍・遠隔操縦航空機パイロットの証言』を読む

「先刻勝利を収めた戦争では、多くの英雄たちが戦闘機で飛び回った。しかし、次の戦争では無人の戦闘機で戦うことになるかもしれない。……昨今の航空戦について学んだことはいったんすべて忘れ、次世代の航空戦のために備えよう。それは、世界の常識をくつが…

近藤ようこ/澁澤龍彦『高丘親王航海記』I & IIを読む

高丘親王航海記 I (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2020/09/12 メディア: コミック 高丘親王航海記 II (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ 発売日: 2020/09/12 メディア: コミック こちらの記事を読むまで、すっかり忘れていた。 book.asahi.…

南直哉『語る禅僧』を読む

語る禅僧 (ちくま文庫) 作者:南 直哉 発売日: 2010/11/12 メディア: 文庫 著者いわく、自分は自分の著作の話をされるのが嫌なタイプらしい。排泄物の話をしているような気になるし、排泄物をしげしげと見ないように、自分の本を読み返さないという。 が、こ…

映画『TENET テネット』ネタばれ感想(を読んでから映画に行くべきか?)

え、クリストファー・ノーランの新作なんかあるんですか? という感じで、急に『テネット』の存在を知った。そんじゃあ見に行くか、せっかくだからIMAXで、ということでのこのこと横浜ブルク13へ。客の入りはというと、おれが行った回は微妙に遅くて中途半端…

バンクシー監督『Exit Through the Gift Shop』をみる

こないだバンクシー展(非公式)に行った。わりとおもしろかった。 goldhead.hatenablog.com わりとおもしろかったので、バンクシーの映画を見てみた。 イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(字幕版) 発売日: 2016/11/11 メディア: Prime Video バンク…

思えば初めてスティーヴン・キングを読んだ 『短編画廊』

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション) 作者:ローレンス ブロック,スティーヴン キング,ジェフリー ディーヴァー,マイクル コナリー,リー チャイルド,ジョー・R ランズデール,ジョイス・キャロル オーツ,ロバート・オレン バト…

おれは空気を吸うように『あさがおと加瀬さん』を見た

あさがおと加瀬さん。 発売日: 2018/08/18 メディア: Prime Video 百合のアニメだ。 安心して見られる百合のアニメだった。 安心できない百合のアニメとはどういうものかよくわからない。 加瀬さんシリーズ - Wikipedia 加瀬さんシリーズらしいが、そういっ…

横浜アソビル『バンクシー展』へ行くのこと

バンクシー展 天才か反逆者か 横浜駅近くのアソビルにて開催されている『バンクシー展』に行った。 ……え、あの『バンクシー展』? と思う向きもあるかもしれない。おれもこんなはてな匿名ダイアリーの記事を読んで、「行こうかどうか迷ってたけど、まあいい…

韓国映画『はちどり』をみる/コロナ以後初の映画館

横浜シネマ・ジャック&ベティにて韓国映画『はちどり』鑑賞。コロナ流行移行初めて映画館へ行った。それについては後述する。 あの頃のUNITED COLORS OF BENETTON、『はちどり』 animoproduce.co.jp 主人公のウニは(雲丹ではないです)は中学二年生。女子…

玄侑宗久『荘子と遊ぶ 禅的思想の源流へ』を読む

荘子と遊ぶ (ちくま文庫) 作者:宗久, 玄侑 発売日: 2019/08/09 メディア: 文庫 荘子と遊ぶ ──禅的思考の源流へ (筑摩選書) 作者:玄侑宗久 発売日: 2019/01/11 メディア: Kindle版 日本に入ってきた仏教は、中国起源の思想を大いに取り入れたものである。と、…

ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』を読む

ヌメロ・ゼロ (河出文庫) 作者:ウンベルト・エーコ 発売日: 2018/12/14 メディア: Kindle版 ウンベルト・エーコとおれ。おれとウンベルト・エーコ。中学生のころだろうか、背伸びして『薔薇の名前』を読んだように思う。さらに背伸びして『フーコーの振り子…

リチャード・ブローティガン詩集『チャイナタウンからの葉書』を読む

チャイナタウンからの葉書 (ちくま文庫) 作者:リチャード・ブローティガン 発売日: 2011/05/12 メディア: 単行本 目次を見る。「競馬」という題の詩を見つける。おれはとりあえずそこに飛ぶ。そうしたら、こんな詩だった。 Horse Race July 19, a dog has be…

2003年の小西真奈美と市川実日子 映画『blue』を観る

blue [DVD] 発売日: 2003/09/26 メディア: DVD おれが「市川実日子」を知ったのはいつか? 明確にわかる。『シン・ゴジラ』だ。尾藤ヒロミ役だ。印象的だった。それでなにか助演賞をとっていたらしい。 その、市川さんの2003年の映画が『blue』だ。共演は小…

フェルナンド・ペソア短編集『アナーキストの銀行家』を読む

アナーキストの銀行家;フェルナンド・ペソア短編集 作者:フェルナンド・ペソア 発売日: 2019/06/18 メディア: 単行本 なにか新しいペソアの短編集が出ていたので読んだ。おれはポルトガルに縁はないが、フェルナンド・ペソアは好きである。 goldhead.hatenab…

ホッパーの話してえんだな『エドワード・ホッパー 静寂と距離』を読む

エドワード・ホッパー ―静寂と距離― 作者:青木保 発売日: 2019/11/22 メディア: 単行本 このあいだ、エドワード・ホッパーの解説書をプレゼントいただいた。 goldhead.hatenablog.com ああ、ホッパーいいよな。狂おしいほどホッパーいいよ、ビューだよ、とな…

『宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論』と『マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ<この宇宙>にいるのか』を読む

宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論 (講談社現代新書) 作者:青木薫 発売日: 2013/08/23 メディア: Kindle版 マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか (星海社新書) 作者:野村 泰紀 発売日: 2017/07/27 メディア: 新書 おれ…

映画 『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』をみる

映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説 通常版 [Blu-ray] 発売日: 2020/03/25 メディア: Blu-ray 異世界転生ものというといろいろあって、その評価もいろいろあるが、おれについていえば「スタージョンの法則」が適用されて、ほかのアニメと同様にクズも…

日本国憲法前文(黄金頭案)

たぶん、高橋源一郎の本で紹介されていたのだと思う。 goldhead.hatenablog.com 「国民のコトバ」のなかで、いろいろな国民が書いた「憲法前文」の文章が紹介されていた。そういったものを集めた本が紹介されていた。それはなかなかに面白い試みのように思え…

囲碁と暴力 映画『神の一手』をみる

先日こちらの映画レビューを読んだ。 jasonrodman.tokyo 山奥の廃寺にて人知れず少林寺スタイルで囲碁と格闘技を磨き、気が付けばすっかりマッシヴになったクォン・サンウ。そんな彼が満を持して下山!今は亡き師匠、そして姉の無念を晴らすべく、囲碁ときど…

山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』を読む

まだ見ぬ冬の悲しみも (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション) 作者:山本 弘 メディア: 単行本 これはいい本だ。なんてったってタイトルがいい。「まだ見ぬ冬の悲しみも」。ただ、おれはこのタイトルを知ってから、知らない間に「まだ見ぬ冬の悲しみを」をだと…