感想文

思えば初めてスティーヴン・キングを読んだ 『短編画廊』

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション) 作者:ローレンス ブロック,スティーヴン キング,ジェフリー ディーヴァー,マイクル コナリー,リー チャイルド,ジョー・R ランズデール,ジョイス・キャロル オーツ,ロバート・オレン バト…

おれは空気を吸うように『あさがおと加瀬さん』を見た

あさがおと加瀬さん。 発売日: 2018/08/18 メディア: Prime Video 百合のアニメだ。 安心して見られる百合のアニメだった。 安心できない百合のアニメとはどういうものかよくわからない。 加瀬さんシリーズ - Wikipedia 加瀬さんシリーズらしいが、そういっ…

横浜アソビル『バンクシー展』へ行くのこと

バンクシー展 天才か反逆者か 横浜駅近くのアソビルにて開催されている『バンクシー展』に行った。 ……え、あの『バンクシー展』? と思う向きもあるかもしれない。おれもこんなはてな匿名ダイアリーの記事を読んで、「行こうかどうか迷ってたけど、まあいい…

韓国映画『はちどり』をみる/コロナ以後初の映画館

横浜シネマ・ジャック&ベティにて韓国映画『はちどり』鑑賞。コロナ流行移行初めて映画館へ行った。それについては後述する。 あの頃のUNITED COLORS OF BENETTON、『はちどり』 animoproduce.co.jp 主人公のウニは(雲丹ではないです)は中学二年生。女子…

玄侑宗久『荘子と遊ぶ 禅的思想の源流へ』を読む

荘子と遊ぶ (ちくま文庫) 作者:宗久, 玄侑 発売日: 2019/08/09 メディア: 文庫 荘子と遊ぶ ──禅的思考の源流へ (筑摩選書) 作者:玄侑宗久 発売日: 2019/01/11 メディア: Kindle版 日本に入ってきた仏教は、中国起源の思想を大いに取り入れたものである。と、…

ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』を読む

ヌメロ・ゼロ (河出文庫) 作者:ウンベルト・エーコ 発売日: 2018/12/14 メディア: Kindle版 ウンベルト・エーコとおれ。おれとウンベルト・エーコ。中学生のころだろうか、背伸びして『薔薇の名前』を読んだように思う。さらに背伸びして『フーコーの振り子…

リチャード・ブローティガン詩集『チャイナタウンからの葉書』を読む

チャイナタウンからの葉書 (ちくま文庫) 作者:リチャード・ブローティガン 発売日: 2011/05/12 メディア: 単行本 目次を見る。「競馬」という題の詩を見つける。おれはとりあえずそこに飛ぶ。そうしたら、こんな詩だった。 Horse Race July 19, a dog has be…

2003年の小西真奈美と市川実日子 映画『blue』を観る

blue [DVD] 発売日: 2003/09/26 メディア: DVD おれが「市川実日子」を知ったのはいつか? 明確にわかる。『シン・ゴジラ』だ。尾藤ヒロミ役だ。印象的だった。それでなにか助演賞をとっていたらしい。 その、市川さんの2003年の映画が『blue』だ。共演は小…

フェルナンド・ペソア短編集『アナーキストの銀行家』を読む

アナーキストの銀行家;フェルナンド・ペソア短編集 作者:フェルナンド・ペソア 発売日: 2019/06/18 メディア: 単行本 なにか新しいペソアの短編集が出ていたので読んだ。おれはポルトガルに縁はないが、フェルナンド・ペソアは好きである。 goldhead.hatenab…

ホッパーの話してえんだな『エドワード・ホッパー 静寂と距離』を読む

エドワード・ホッパー ―静寂と距離― 作者:青木保 発売日: 2019/11/22 メディア: 単行本 このあいだ、エドワード・ホッパーの解説書をプレゼントいただいた。 goldhead.hatenablog.com ああ、ホッパーいいよな。狂おしいほどホッパーいいよ、ビューだよ、とな…

『宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論』と『マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ<この宇宙>にいるのか』を読む

宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論 (講談社現代新書) 作者:青木薫 発売日: 2013/08/23 メディア: Kindle版 マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか (星海社新書) 作者:野村 泰紀 発売日: 2017/07/27 メディア: 新書 おれ…

映画 『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』をみる

映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説 通常版 [Blu-ray] 発売日: 2020/03/25 メディア: Blu-ray 異世界転生ものというといろいろあって、その評価もいろいろあるが、おれについていえば「スタージョンの法則」が適用されて、ほかのアニメと同様にクズも…

日本国憲法前文(黄金頭案)

たぶん、高橋源一郎の本で紹介されていたのだと思う。 goldhead.hatenablog.com 「国民のコトバ」のなかで、いろいろな国民が書いた「憲法前文」の文章が紹介されていた。そういったものを集めた本が紹介されていた。それはなかなかに面白い試みのように思え…

囲碁と暴力 映画『神の一手』をみる

先日こちらの映画レビューを読んだ。 jasonrodman.tokyo 山奥の廃寺にて人知れず少林寺スタイルで囲碁と格闘技を磨き、気が付けばすっかりマッシヴになったクォン・サンウ。そんな彼が満を持して下山!今は亡き師匠、そして姉の無念を晴らすべく、囲碁ときど…

山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』を読む

まだ見ぬ冬の悲しみも (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション) 作者:山本 弘 メディア: 単行本 これはいい本だ。なんてったってタイトルがいい。「まだ見ぬ冬の悲しみも」。ただ、おれはこのタイトルを知ってから、知らない間に「まだ見ぬ冬の悲しみを」をだと…

いまさらながら『テルマ&ルイーズ』を観る

テルマ&ルイーズ (字幕版) 発売日: 2015/10/11 メディア: Prime Video いまさらながら『テルマ&ルイーズ』を観た。 この本の影響によってである。 goldhead.hatenablog.com この本で、『テルマ&ルイーズ』はこう紹介されている。 今さら何を説明しようか…

「歴史を変えてくれと誰が頼んだ?」 山本弘『去年はいい年になるだろう』を読む

去年はいい年になるだろう(上) (PHP文芸文庫) 作者:山本 弘 発売日: 2012/09/18 メディア: 文庫 去年はいい年になるだろう(下) (PHP文芸文庫) 作者:山本 弘 発売日: 2012/09/18 メディア: 文庫 この作品は……。作者自身の紹介、いや「宣伝」を読んだほうが早…

グラツーやりたくなるよな 『フォードvsフェラーリ』をみる

フォードvsフェラーリ (字幕版) 発売日: 2020/03/06 メディア: Prime Video フォードvsフェラーリ (吹替版) 発売日: 2020/04/01 メディア: Prime Video 『フォードvsフェラーリ』。その映画の存在を知ったのは、映画館であった。こんなストレートなタイトル…

ある日突然、「地球を移動させる話を読みたいな」と思ったら、『地球移動作戦』を読めばいいと思う

地球移動作戦(上) (ハヤカワ文庫JA) 作者:山本 弘 発売日: 2017/10/31 メディア: Kindle版 地球移動作戦(下) (ハヤカワ文庫JA) 作者:山本 弘 発売日: 2017/10/31 メディア: Kindle版 書棚に『地球移動作戦』というタイトルの本があって、表紙を見てみる…

百合映画300本総まくり ふぢのやまい編著『「百合映画」完全ガイド』を読む

百合映画とおれ、おれと百合映画。 その記憶は古い。 自分の部屋に小さな14型のブラウン管テレビが与えられたころのこと。おれは深夜に「なにかエロい番組はやっていないかな?」チャンネルをまわしていた。中学生のおれはエロいことしか頭になかったといっ…

もしもビートルズを忘れた世界に転生したら? 映画『イエスタディ』

イエスタデイ (字幕版) 発売日: 2020/04/08 メディア: Prime Video イエスタデイ (吹替版) 発売日: 2020/04/09 メディア: Prime Video もし世界中の人間からビートルズの記憶を失って、売れないミュージシャンだけにその記憶が残ったら? とてもおもしろい設…

山本弘『プラスチックの恋人』を読む

プラスチックの恋人 (早川書房) 作者:山本 弘 発売日: 2017/12/28 メディア: Kindle版 仮想現実“Virtual Reality”と人工意識“Artificial Consciousness”が実現したセックス用アンドロイド―オルタマシン。その中でも少年や少女の姿形をした未成年型オルタマシ…

おれも人の金で海外旅行してえなぁ ―村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読む

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15) 作者:村上 春樹 発売日: 2018/04/10 メディア: 文庫 村上春樹の紀行文集である。熊本を除いては海外である。かつて住んでいたボストン、イタリア、ギリシアの話もある。タイトルの「ラ…

ハードでソフトな『プロジェクトぴあの』(山本弘)を読む

プロジェクトぴあの(上) (ハヤカワ文庫JA) 作者:山本 弘 発売日: 2020/03/18 メディア: Kindle版 プロジェクトぴあの(下) (ハヤカワ文庫JA) 作者:山本 弘 発売日: 2020/03/18 メディア: Kindle版 おれはいくらかSFを読んできたといっていいが、入り口は…

『小説の読み方、書き方、訳し方』(柴田元幸・高橋源一郎)を読む

小説の読み方、書き方、訳し方 (河出文庫) 作者:柴田元幸,高橋源一郎 発売日: 2016/11/14 メディア: Kindle版 新型コロナウイルスの流行とともにおれの読書量は減った。減ったどころじゃなく八割減とかそういうレベルだ。居酒屋か旅館か、というレベルだ。な…

映画『グリーンブック』― 人間、欠点を言い出したらきりがねえだろ 

グリーンブック(字幕版) 発売日: 2019/10/02 メディア: Prime Video グリーンブック(吹替版) 発売日: 2019/10/02 メディア: Prime Video 映画『グリーンブック』を見た。まだまだ人種差別の激しい60年代、アメリカのトップランカーである黒人ピアニストの南…

映画『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』を見るのこと

甲鉄城のカバネリ 海門決戦(完全生産限定版) [Blu-ray] 発売日: 2019/12/11 メディア: Blu-ray 『甲鉄城のカバネリ』、アニメは見た。総集編の劇場版は見ていない。で、完全新作の本作は見た。 「カバネリ」、ストーリーはどうだったか。なんとなく覚えてい…

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』を見るのこと

コードギアス 復活のルルーシュ 発売日: 2019/12/19 メディア: Prime Video おれと「コードギアス」。おれはテレビシリーズをリアルタイムで見ていたという覚えはない。だが、再放送かなにかの終盤を見かけて、「ちょっと見てみるか」という気になった。その…

エヘ! 度し難い! 『連ちゃんパパ』を一気読みしてしまう

togetter.com 仕事中にこんな記事を見かけた。「後で読もうかな」と思った。アパートに帰って、酒読みながらiPhoneで読み始めた。止まらなかった。最後まで読んだ。 ひでえな、これ。 いろいろな人がいろいろな作品にたとえているけれど、おれもやはり頭の中…

おれのベリヤはそんなこと言わない……わけでもないか 『劇場版 幼女戦記』を観る

劇場版 幼女戦記 通常版( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray] 発売日: 2019/08/23 メディア: Blu-ray 『劇場版 幼女戦記』を観た。おれはこの作品をアニメで知ったが、わりと面白かったような気がする。気がするけど、映画館には行かなかった。そし…