2022年の広島カープを振り返る

最終試合を終え、佐々岡監督の辞任も発表になったし、今年のカープを振り返ろうと思う。 自分はJ SPORTSオンデマンドにのみ契約しており、カープ、ベイスターズ、ドラゴンズのホームゲームだけだいたい見た。 スタートダッシュに成功したのは意外だった。た…

2022年 スプリンターズステークス&凱旋門賞回顧

10/2東スポ、田原成貴の怪文書 スプリンターズS(G1) 結果・払戻 | 2022年10月2日 中山11R レース情報(JRA) - netkeiba.com おれのスプリンターズステークスの予想は簡単だった。予想ですらない。メイショウミモザが出るのでメイショウミモザを買う。それだ…

おまえは太陽の塔よりすごいものを見たことがあるのかというのだ

blog.tinect.jp 寄稿した。太陽の塔についてだ。なんでいま太陽の塔か。しらん。いや、Amazonでドキュメンタリーを見たからだ。 太陽の塔 赤坂憲雄 Amazon それをすすめてきた人もいる。おれが人に太陽の塔をすすめたりもした。なぜかおれのなかで「太陽の塔…

おまえも『ルミナスウィッチーズ』で泣け

ルミナスウィッチーズ 第1巻 [Blu-ray] 鳴海まい Amazon 第1話 WONDERFUL WORLD - はじめまして - Amazon この日記はすばらしいストライクウィッチーズ、すばらしいワールドウィッチーズを紹介するために誕生したことは何度も書いてきたが、はたして『ルミナ…

本を読む夢、平面の夢

夢の話をする。たいていにおいて他人の夢の話はおもしろくない。そもそもおれの書くものがおもしろくないのだから、どう申し開きもしない。とはいえ、これから書き記すのは、「きのうこんな夢を見た」という夢の中身の話ではない。「このごろこういうタイプ…

石原莞爾の妻との恋文

この間、中島岳志の『超国家主義』を読んだ。 超国家主義 (単行本) 作者:中島 岳志 筑摩書房 Amazon 同著者の『朝日平吾の鬱屈』、『親鸞と日本主義』をはじめとして、いくらかいろいろな当時についての本を読んでいたので、いわばダイジェスト的な本である…

深町秋生『鬼哭の銃弾』を読む

「鬼哭の銃弾」をAIに描かせたら微妙にリアルな何かが出てきた 映画『ヘルドッグス』見ようかなと思い、そういえばさいきん深町秋生作品読んでないなとか思って、そんでも映画見るならべつの作品いくかということにして、『鬼哭の銃弾』を読んだ。 鬼哭の銃…

ところで維新って保守なのかよくわからん、安倍政治がなんだったかもよくわからん

また寄稿いたしました。 blog.tinect.jp 自分のなかで「保守主義」ってのはこんな感じかな、という話です。 これについては、以前に書いたこちらの記事を一緒にお読みいただけると、わかりやすいかと思います。 blog.tinect.jp どのあたりが、というと、人間…

劇場版『きんいろモザイク Thank you!!』を観た

劇場版「きんいろモザイクThank you!!」 西明日香 Amazon 『きんいろモザイク』である。『きんモザ』。すごくすごい好きなアニメだったかというと、すごくすごいほどではないけれど、けっこう好きなアニメだったように思う。なぜ不確実な感じかといえば、毎…

『マトリックス レザレクションズ』を観たような気がする

『マトリックス レザレクションズ』を観たような気がする。すまない、けっこう前の話だ。べつの映画の感想を書こうとして、ふと思い出したんだ。 マトリックス レザレクションズ(字幕版) キアヌ・リーブス Amazon 『マトリックス』。それはもう夢中になった……

首根っこを押さえつけられるとはこのことか

goldhead.hatenablog.com goldhead.hatenablog.com はい、この日記も中年の身体の故障の話ばかりになっていきます。というわけで、忘れもしないローカルグリーンフェス(RHYMESTERとNulbarichとくるりをいっぺんに見た)日、9/4の朝に「寝違え?」で首が痛く…

「低身長は屈辱的なさらし者になっても所詮は社会的な劣等者だから黙って受け入れろ」と素直に言え

president.jp おれはチビなので、これから書くことはゴミみたいなチビ虫が成長しないメンタリティできちがいじみた恨み言を書いていると思われるだろうし、そのとおりだとコメントされることだろう。 それをわかったうえで書くが、この記事についたたくさん…

このごろのウクライナによる大反攻などについて

陸上自衛隊です このごろのロシアによるウクライナ侵攻についてメモする。あくまで素人が報道などを読んで、「こう思っている」という印象のメモである。ソースへのリンクなどは貼らない。 ウクライナの大反攻でハルキウ奪回だとかなんだとか。陽動作戦がど…

ブラッド・ピットの『ブレット・トレイン』はそれほど「変」ではないけど、楽しめる映画でしたよ!

夜の東京を走る新幹線 ブラッド・ピット主演で伊坂幸太郎原作の変な日本を舞台にした映画が作られる、という一報のときにはけっこう話題になっていたような気がする。が、公開となって、たとえば『トップガン・マーヴェリック』のような熱気(自分が行った映…

黄金頭さん、整形外科へ行く

整形外科へ行く骸骨、中世風の絵 goldhead.hatenablog.com 先週の土曜日の朝から首が痛くなった。ただ、だんだん痛みは薄れてきた……かと思ったが、抑うつ状態になったり、躁転したりしているうちに(ラピッドサイクラーです)、またまた痛くなってきた。当該…

おれはiPhone 14 Proを買うつもりだ

新しいiPhoneを両手で持って喜ぶ少女 【速報】iPhone14 Pro/Pro Max発表!ノッチを廃止、画面は常時点灯 - iPhone Mania おれは「今年の秋にiPhoneを買い替える」と言ってきたので、買い替える方向でいた。あたらしいiPhone14シリーズが発表された。単なる14…

首が動かないと全身動かん

首が痛いサイバーパンクの骸骨 土曜日の朝、首が痛かった。首のど真ん中の後ろが痛い。そこからやや両肩が痛い。「あれ、どうしたもんだ?」と思った。その日はフェスだった。 goldhead.hatenablog.com プッチャヘンザである。だいたいステージも見上げる形…

Local Green Festival 2022 感想 ~RHYMESTER、Nulbarich、くるり!

Local Green Festival ローカルグリーンフェスティバルである。ローカルでグリーンだが、行われるのは横浜赤レンガ倉庫だ。実のところ2019年にも行っている。 goldhead.hatenablog.com おれ、四十にして初めてフェスというものに行くことになった。女が「く…

黄金頭さんの週刊プロ野球ニュース vol.148

blog.tinect.jp 野球について寄稿しました。いまどき野球について書くなんて。なんてことでしょう。恥ずかしいくらいの話です。いまどきの若い人のスポーツと言えば……なんですか? Eスポーツ? さて、世の中の流れとは関係なく今週も野球の話題をお届けしま…

『未来のプルードン 資本主義もマルクス主義も超えて』(的場昭弘)を読む

未来のプルードン——資本主義もマルクス主義も超えて 作者:的場 昭弘 亜紀書房 Amazon プルードン、クロポトキン、バクーニンあたりとなると、おれにとってのアナーキズムとの出会いであって、なにかの根底のようなところがある。とはいえ、おれは優雅で感傷…

投資とかしたけりゃすりゃいいだろ、ただし個別銘柄はやめておけ

このところ投資の話をよく見かける。 anond.hatelabo.jp anond.hatelabo.jp おれはというと、「すぐに競馬に使えないようにお金を避けておく」という、非常に高い意識でもって、気が向いたらポイポイ証券会社に入金して、チョイチョイ投信を買っている。自動…

親の介護とかどうすりゃいいのだろうか?

親を介護施設に入れるのに800万かかって、月々30万円払っているという話を聞いた。へー。え、いやしかし、自分の親だったらどうするんだ? おれは800万円ももっていない。80万円も怪しいくらいだ。月々30万円を稼いだこともこの一生で一度もない。 家全体と…

今こそカープの捕手について語ろう

カープの捕手の話をする。 おれが物心ついたころの正捕手は達川光男だった。カープの捕手といえば達川、というイメージだ。幼少期の記憶は強い。とはいえ、ファミスタで打率の低い達川が、キャッチャーとしていかに優れていたかはわかっていたかどうか(後年…

保険やローンのためなら精神科に行かないほうがいい

anond.hatelabo.jp え、気軽にメンクリ(メンタルクリニック、精神科、心療内科)勧めちゃいけないのかい? というわけで、おれはこんなコメントをした。 初診の予約はえらく時間がかかる場合が多いから、迷ってる人には行ける気力や判断力のあるうちにとっ…

国家神道の勉強もいつかしなくてはいけないかと思ってはいるのですが

blog.tinect.jp 寄稿いたしました。 非常にエキサイティングな『親鸞と日本主義』という本を読みました。これは本当にエキサイトするので、ぜひお読み下さい。 親鸞と日本主義 (新潮選書) 作者:中島岳志 新潮社 Amazon いや、そうだったの、日蓮じゃなくて親…

『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』を読む

最澄と徳一 仏教史上最大の対決 (岩波新書 新赤版 1899) 作者:師 茂樹 岩波書店 Amazon 最澄と徳一、仏教史上最大の対決、である。仏教史上最大の対決かどうかは知らない。法然vs明恵というマッチアップの本もあったはずだ。 法然対明恵 鎌倉仏教の宗教対決 …

ジンギスカン鍋を買ったらカセットコンロとボンベまで必要になった話

人生で初めて和食さとの「さと式焼肉」を頼んだら、パニックに陥りそうになった! [食べ物] 自炊にジンギスカン鍋ありじゃないか、と、あまり関係ないことを考えた。 2022/08/13 17:12 「和食さと」という店の「さと式焼肉」についての記事である。そこに出…

黄金頭さんに会えるラーメン店三選

blog.tinect.jp また寄稿いたしました。 しました、しました。 したってよ。 読んでよ。 読んで。 はい、ラーメンの話をします。 和歌山で食べた和歌山ラーメン いや、ラーメンなあ。ラーメンに興味あるかというと、それほどでもない人生を歩んできたな。ほ…

非暴力服従主義宣言

webronza.asahi.com ――あらためて「非暴力抵抗」とは具体的に何をすることなのか、説明していただけますか。 武力や物理的な暴力を使わずに、それ以外の政治的、経済的、社会的なあらゆる手段、具体的にはストライキやボイコット、サボタージュなどを駆使し…

クリント・イーストウッド次元『クライ・マッチョ』

クライ・マッチョ(字幕版) クリント・イーストウッド Amazon おれはだいたいクリント・イーストウッドの監督作品が大好きである。なんでかわからないが、そうなのだから仕方がない。老いてますます盛んだ。 が、主演となるとどうなのか、というところはある…