『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』第3話「二人ならできること」を見て感心する

w-witch.jp すばらしいストライクウィッチーズ(栄光と御加護あれ!)の第3話を見た。次回予告の段階では、宮藤をめぐるリーネちゃんと服部静香の正妻争いの日常回のようだった。 が、蓋を開けてみたら、話はシリアスな方に。いや、静香登場はシリアスという…

だからネックバンド式のワイヤレスイヤホンがいいんだって

こんな話を読んだ。 togetter.com 本末転倒、なのだろうか。どうもおれにはピンとこない。なぜなら、おれはネックバンド式のワイヤレスイヤホンを使っていて、非常に便利に思うからだ。 goldhead.hatenablog.com というわけで、一年以上(にもなるのか!)こ…

ヴィーガン、反ヴィーガン、いろいろあるけどその中間あたりにいてもいいよな

先日、東海林さだおと赤瀬川原平の対談集を読んだ。そこでこんなやりとりがなされていた。その感想文でも引用した箇所だが、また引用する。 赤瀬川 でも、そうはいかなかったんだよね。この世の中は。確かにつくったときの計算が間違ったのかもしれない。 東…

人は案外死なないけれど、簡単に殺せたりもする 鈴木智彦『全員死刑』を読む

全員死刑: 大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記 (小学館文庫) 作者:智彦, 鈴木 発売日: 2017/11/07 メディア: 文庫 全員死刑、である。どこの全員か。九州のヤクザ家族四人、父、母、兄、弟の全員が死刑判決を受けた。これである。その「弟」の手記が中心と…

Books&Appsさんと、カバンの中の紙切れと、打ち上げられたウミガメの死体のこと

blog.tinect.jp また、Books&Appsさんに寄稿いたしました。……書いたおれがいうのもなんだけれど、よくBooks&Appsさんはこんなよくわからない記事を載せてくれるよな。懐が深い。なんというか、正直、サイトの方向性と合っていないように思えてならない。それ…

2020年 秋華賞回顧

race.netkeiba.com 無敗の三冠牝馬なるかどうかの秋華賞。おれはデアリングタクトについて「なれる」と思った。それぞれ馬場条件などが違う桜花賞、オークスでともに勝ち切った能力は、あきらかに上位。今回はまたコースの形態の違いはあれど、外目の枠をひ…

東海林さだお×赤瀬川原平『ボケかた上手』を読む

ボケかた上手 作者:東海林 さだお,赤瀬川 原平 発売日: 2003/07/17 メディア: 単行本 おれは鹿島茂が「ドーダ」について言及しているのを読んだ。「ドーダ」の始祖は東海林さだおということになる。ということで、東海林さだお、赤瀬川源平の対談にたまにゲ…

「すごくうまいラーメン」である『鬼滅の刃 無限列車編』を横浜ブルク13でみるのこと

桜木町の横浜ブルク13にて『鬼滅の刃 無限列車編』をみた。 ……と、ここで違和感を抱いた人は全集中の呼吸の常中ができている人である。おれは常中どころか集中力が散漫な人間なので気づかなかった。 気づかなかったので、三度QRコードでエラーを出したのち、…

『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』第2話「結成ストライクウィッチーズ」を見て泣く

w-witch.jp こんにちは、すばらしいストライクウィッチーズ(天の恵みあらんことを!)の第2話を泣きながら見たおっさんです。 はじめに申し上げておきますが、この「泣きながら」は比喩や誇張ではないのであります。後半パートで仲間たちが集ってくるあたり…

もし電子レンジで解凍するたこ焼きの表面がカリカリだったらすごいよな

おれはセブン-イレブンで買った冷凍のたこ焼きを食いながら(もちろん解凍、加熱したものだ)、タブレットで第68期王座戦五番勝負の第5局を見た。挑戦者、久保利明九段、挑む相手は永瀬拓矢王座。おれは20年ほど前の、おれの第一次将棋ブームのころから、久…