読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さて帰るか

さて、帰るか

f:id:goldhead:20160220203250j:plain

朝早くおきて洗濯物をしまうと、また布団に戻って寝てしまった。昼ごろに出社すると、普段と変わらないくらいの人数が出ていた。電話はあまり鳴らないものの、休日出勤らしい静寂と集中を得られなかった。こんなものだ、年度末は。

ローゼンメイデン』の新シリーズが始まった。「ウルトラジャンプ」という雑誌らしい。おれは実家を失って一家離散してから、漫画も含めて雑誌をほとんど買っていない。「ウルトラジャンプ」というのもしらない。おれが中学、高校のころはなにジャンプがあったか。「週刊少年ジャンプ」があって、ヤンジャンがあって、スーパージャンプに月刊、ビジネス?……ウルトラ? よくわからない。

帰り道5軒目のコンビニでようやくおれは「ウルトラジャンプ」を見つけた。それにしてもコンビニが5軒、寄り道なしで5軒。石川町商店街の端っこのローソンが閉店していなければ6軒。世の中にそんなにコンビニが必要なのか。今回は必要だったわけだが。

して、おれは「ウルトラジャンプ」の厚みがすこし予想外だった。いわゆるヤンジャンのようなものと思っていたからだ。ひょっとしたら、先の4軒で見逃していた可能性もある。まあいい、いずれにせよ、おれは真紅の表紙の「ウルトラジャンプ」を買えた。それでいい。とはいえおれは水銀党であるといっておく。

ローゼンメイデン』。今度の舞台は大正の日本。多次元もやったくらいだし、過去に遡るのもなんでもありだろう。「ウルトラジャンプ」を買い続けるかどうかはわからないが、単行本が出たらぜったいに買うだろう(銀様の出番がなければ考えるが)。まあ、買える金があればの話だが。

そんなおれも『ローゼンメイデン』の過去作をリアルタイムに追ってきたというわけではない。なぜか東日本大震災の直後にレンタルDVDを一気に観てはまり、漫画やCDを手に入れていったという話になる。新しいバージョンのアニメと、移籍後の漫画の終わりはリアルタイムといえるだろうか。

おれはアラフォーのアニメ好きだが、蓄積というものがない。せいぜい過去5年。アニメを見始めたのは30を過ぎてからだ。

そういえば、職場で流れているTOKYO-FMの番組でアニソン特集が流れてきた。アナログレコードの番組だというのに。

www.tfm.co.jp

なんとはなしに番組ページを見てみたら、UstreamでDJが涼宮ハルヒの格好をしているのが見える。好きなキャラの話に『るろ剣』の瀬田宗次郎とか言い出す。そして、「ハレ晴レユカイ」を(ラジオなのに)ガンガン踊りだした。声優さんかな? と思ったら、「新人ラジオパーソナリティー」とのことだ。よくわからないが瀬戸真矢さんのファンになった。

……書くことを探している。帰るのが面倒になっている。雨が降っている。この世には美しいものが少なくて、おれは少々辟易している。月世界のこと、天体による永遠のことを思う。この身体から自由になった精神を思い、精神から自由になった身体のことを思う。おれは……群馬にでも行こうか?

群馬にでも。