読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500km離れたところでもいつもと同じような写真しか撮れない

f:id:goldhead:20170416230651j:plain

ぬるりとしてすべすべとしてたもの(とても速い)。

f:id:goldhead:20170416230652j:plain

向かい合って座って世界平和について話そう。

f:id:goldhead:20170416230653j:plain

ラッキーセブンで縁起がいい。優勝だ。

f:id:goldhead:20170416230654j:plain

おれの知ってるアサヒビールとは違う世界線について。

f:id:goldhead:20170416230656j:plain

これが実写の攻殻機動隊というのならば、なにも言うことはない。

f:id:goldhead:20170416230655j:plain

おれは500km離れたところにいようとも、撮る写真の代わり映えのなさに失望する。

f:id:goldhead:20170416230657j:plain

べつに甘すぎるからって謝ることはないさ。

f:id:goldhead:20170416230658j:plain

このごろは酒の自販機というものもあまり見かけなくなった。

f:id:goldhead:20170416230659j:plain

こう、微妙に左にずれていはいないか?

f:id:goldhead:20170416230700j:plain

なにかこう、禍々しい刑罰に使われそうではないか?

f:id:goldhead:20170416230701j:plain

自転車はその地区の生活レベルを表すという仮説。

f:id:goldhead:20170416230702j:plain

なにも確認しないで適当にぶら下げたカメラのシャッターを切るという行為。

f:id:goldhead:20170416230703j:plain

L字型人間。

f:id:goldhead:20170416230704j:plain

あと45秒で世界は消え去ってしまう。

f:id:goldhead:20170416230705j:plain

だから逃げるんだ。それでも逃げないんだ。

f:id:goldhead:20170416230706j:plain

獰猛な魚に食われて骨までなくなるおれの亡骸。

f:id:goldhead:20170416230707j:plain

歪んだ記憶の中に祭り。

f:id:goldhead:20170416230708j:plain

ある種の凛々しさは猫の中に宿る(猫と和解せよ)。

f:id:goldhead:20170416230709j:plain

石は崩れる。

f:id:goldhead:20170416230710j:plain

あの山に向って砲撃開始!

f:id:goldhead:20170416230711j:plain

滑り落ちたい一念。

f:id:goldhead:20170416230712j:plain

こういう咲き方は嫌いじゃない。

f:id:goldhead:20170416230713j:plain

ハトにも凛々しさは宿る。

f:id:goldhead:20170416230714j:plain

カシオの電卓にも宿る。

f:id:goldhead:20170416230715j:plain

モータープールというのは流れるプールのようなものだと思っていた。

f:id:goldhead:20170416230716j:plain

たとえピザトーストの値段がわからなくたって。

f:id:goldhead:20170416230717j:plain

やさしい娯楽はいつもそこにある。

f:id:goldhead:20170416230718j:plain

ブージー。

f:id:goldhead:20170416230719j:plain

そんなに気張らなくたっていいさ。

f:id:goldhead:20170416230720j:plain

ママって誰なのさ。

f:id:goldhead:20170416230721j:plain

皐月賞について言えば、おれはスワーヴリチャードを本命にしたが緑帽子の人気の無さに枠連を三点買って当てた。裏のメーンも当てた。そのわりにたいした配当じゃない。

f:id:goldhead:20170416230722j:plain

なにがどうなっているのか、暑い。

f:id:goldhead:20170416230724j:plain月を目指すひこうき雲小谷美紗子のカバーはオリジナルよりいいよな。

f:id:goldhead:20170416230723j:plain

この川が、この建物がなんだというのだろう。

f:id:goldhead:20170416230725j:plain

一つだけ墓が大きい。

f:id:goldhead:20170416230726j:plain

めったに巡り合わない、人間。

f:id:goldhead:20170416230727j:plain

だから、おれを地球の裏側に連れて行ってくれと言っている(たぶん海)。

f:id:goldhead:20170416230728j:plain

だからおれを月の裏側に連れて行ってくれと言っている(呼吸が苦しい)。

f:id:goldhead:20170416230729j:plain

久々に人類が足を踏み入れたからって、攻撃しないでおくれ。

f:id:goldhead:20170416230730j:plain

これ以上地球を汚さないでくれ。

f:id:goldhead:20170416230731j:plain

咲く花もあるさ。

f:id:goldhead:20170416230732j:plain

了解!

f:id:goldhead:20170416230733j:plain

これが野毛のハーモニー横丁だ(言い切る姿勢)。

f:id:goldhead:20170416230734j:plain

いずれにせよ、おれは川のある街が好きだ。

f:id:goldhead:20170416230735j:plain

いい感じに自転車が置かれている街が好きだ。

f:id:goldhead:20170416230736j:plain

そして橋を見たら渡りたくなる性分(自転車脳がわずかに生きているのか)。

f:id:goldhead:20170416230737j:plain

複雑に絡めとられている。

f:id:goldhead:20170416230738j:plain

すてきなサイクリング・ロード。

f:id:goldhead:20170416230739j:plain

いま、ここに、おれの自転車があったらな、あったらな。

f:id:goldhead:20170416230740j:plain

まあ、ないわけだが。

f:id:goldhead:20170416230741j:plain

そしてまた、ぼんやりとただ意味がなく。

f:id:goldhead:20170416230742j:plain

そしてまた、ぬるりとした速いものがおれを運んでいった。