2009-09-24から1日間の記事一覧

衝撃のU3-Xに人類の調和と未来を見る

数十分でできることにだらだらやる気が起きずに気づいたら職場で寝ていて首が痛い。 Honda | 人との調和を目指した新たなパーソナルモビリティ技術を開発 〜前後左右に移動可能な世界初の駆動機構を採用〜 そんな午前四時ちょっと前がどんなものかといえば、…

ライフハックかデスハックか〜ぼくが『海馬 脳は疲れない』を買った理由〜

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス作者: 池谷裕二,糸井重里出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2002/07/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 32人 クリック: 706回この商品を含むブログ (130件) を見る ぼくはブックオフで、ふだん見ることのない棚を…

島尾敏雄『硝子障子のシルエット 葉篇小説集』を読んだ

「あとがき」から。偶然だけれども、庄野潤三の訃報を知ったばかりだった。 創樹社を創設した竹内達さんと玉井五一さんのところから書物を出してもらうことになって、林檎箱の中をさがしたら、ごく短い小説十二篇があらたに出てきた。それは昭和二十七年から…

鶴見川サイクリングコースの神さま

連休最終日。「東京のコンビニに行って、東京の文庫版地図を買おう」と思いたつ。午後一時ごろ自転車に跨る。とくにコースも考えず、ただ北上。三ツ沢のあたりを通過する。県道13号線、坂路。85号から17号、国道2号、鶴見川。疲労甚だし、上京を断念。鶴見川…