読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきゆきて原一男 ―『極私的エロス 恋歌1974』を観る

映画 感想文

 

極私的エロス・恋歌1974 [DVD]

極私的エロス・恋歌1974 [DVD]

 

 

森達也の『FAKE』を観てから、ドキュメンタリー映画すげえよな、『ゆきゆきて神軍』なんて、おれが観た映画の中で5本の指に入るもんな、とか思って、そういえば、たとえば原一男の作品とかあんまりしらねえな、と思って本作。

元同棲相手の妊娠、出産(原監督の子供でない)をドキュメンタリーにしている。『ドキュメンタリーは嘘をつく』では、さざなみを立てることで作品にする、みたいなことを言ってたけど、それどころじゃねえよな。だって、新しい恋人が一緒になってマイク向けてるんだぜ。それに、史上初(?)の「ハメ撮り」までしているんだから、なんともすごい。

とはいえ、圧巻なのは出産シーンに尽きるだろう。ピンぼけしているのは単純なミスで一世一代のミス、らしいが。映像特典の能町みね子との対談でも、せっかく新しいカメラを買ったのに失敗したと言っていたな。

原一男監督「極私的エロス」衝撃の出産シーンは「一世一代のミス」 : 映画ニュース - 映画.com

衝撃的な出産シーンについては、「メガネをかけてファインダーをのぞいていたので、汗でくもってしまった。ピンボケしていたことに気づいた時は『しまった!』とショックで青ざめ、『あんたバカね!』とののしられた。作為的にぼかしているように見えるけれど、あれは私が起こした一世一代のミス」と明かし、笑いを誘っていた。

それでもって、女性というものの産みの苦しみというものと、産み終えたあとのなんとも言えぬすがすがしい表情、「気持よかった」というその顔(これはピンぼけしてない)に、「ああ、なんかすげえや」と思わずにはいられなかった。

沖縄へ向かうだの、共同生活だの、女性の解放だの、時代背景はいろいろあろうが、ともかく、やはり、衝撃的な出産シーン(それも二回ある)は観ておくべきだろう。そしてまた、被写体と撮影者が共犯的な関係にあるともいえるドキュメンタリーのあり方についても考えさせられるところがあった。以上。

f:id:goldhead:20160718171802j:plain

 

>゜))彡>゜))彡>゜))彡>゜))彡

 

ゆきゆきて、神軍 [DVD]

ゆきゆきて、神軍 [DVD]

 

 これは必見でしょう。

 

全身小説家 [DVD]

全身小説家 [DVD]

 

 これはなんと中学か高校のころ、授業の一環として学校ご自慢のシアターで観させられた。すごい寝た。井上光晴とかよくしらないもの。金子光晴だったら起きてたかもしれない。

goldhead.hatenablog.com