読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋なんかになったら、悲しくて泣いちまうぜ

f:id:goldhead:20160901175454j:plain

秋なんかになったら、悲しくて泣いちまうぜ。

日が落ちるのも早くなって、なんだかそんな風が吹いてるんだ。

リリカルなのは秋のせい。

おれのすべて季節のせい。

すべて季節のせいにして、おれは惰眠を貪り、酒を飲み、仕事をするふりをして、自転車で遠くに行きたいと思い、バイクに乗れたらいいのにって考えたりして、やっぱり宇多田ヒカルのヒモになりたいと想像し、いつかおまえたちの前からふっと消えてしまうんだ。おれのまわりの人たちもみんなふっと消えてしまって、おれのまわりの物たちもみんなふっと消えてしまうんだ。そこで消えたのはおれかなって気づいたときには、その気づきを思い出すおれは不在。

心ここにあらず。心どこにもあらず。不生不滅。

今日はなんだか金曜日みたいな気分だぜ。

木曜日なのに金曜日みたいな気分だぜ。

だからおれは酒を買って帰るんだ。

テキーラ買って帰るんだ。

それじゃあ、いつか会えたらな。

涼しい風の吹いてる秋の日がいいかな。

都市が清冽な空気に満たされた冬の日かな。

おれの心そこにあって、あなたとなにを話すだろう?