読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい感じはいい感じって歌って never young beach 『fam fam』

感想文 音楽

おれはおれなりに仕事中にFMから聴こえてくる音楽の中から未知の好きなものが流れてきたらいいなとか思っていて、それで去年出会ったのがnever young beachというバンドだった。

d.hatena.ne.jp

d.hatena.ne.jp


ラジオから聴こえてきた。CDを買った。Webでちょっとインタビューを読んだりした。べつにライブに行くわけでもない。まあ、アクティブでもなく若くもなく、そんなもんだ。

そのnever young beachの2枚目のアルバムが出た。

 

fam fam

fam fam

 

先日買った冷蔵庫のヨドバシポイントを使った(べつに書かなくていい)。はっきり言って、今回はどんな曲が入っているのかさっぱり知らなかった。ラジオが流してくれなかったからだ。期待半分、不安半分というところだ。あるミュージシャンのある曲たちがすごい好きだったのに、逸れていってしまうことは珍しい話じゃない。

が、『fam fam』は前作のいい感じの流れをいい感じに引き継いでいて、いい感じじゃないかと思った。テケテケ、ピロピロ、ジャジャーンとギターの音とかして、never young beachっぽいじゃねえのって。


never young beach - fam fam(official video)


never young beach - 明るい未来(official video)

って、「いい感じ」じゃあわかんねえだろうけど、ただ、never young beachの歌詞にも「いい感じ」って出てくる。おれには多少引っかかる。前作にも「いい感じの」「名曲」とか出てきて、その辺の直球の「いい感じ」をべつの言葉で「いい感じ」に表現するのが歌ってもんじゃねえのか。いや、違うのか。違うんだろうな、なんかこう、そんなんどうでもいいや。ネバヤン(って略すの?)のなんか脱力してふわふわしてるけど、カラッと暗いところのある世界、リアルさのある世界、「いい感じ」のものは「いい感じ」と表現すりゃいいんだ。それでいいんだ。

というわけで、おれが一等好きな曲は「夢で逢えたら」、つぎが「明るい未来」かな。高田渡の(といってもおれはよく知らないが)のカバーである「自転車にのって」もすんなりと溶け込んでいる。やっぱりなんだ、まだ夏は遠いし、夏ばかり歌ってるわけじゃねえけど、なんとなく夏のこととか感じている。

 

>゜))彡>゜))彡>゜))彡>゜))彡

mikiki.tokyo.jp