キムチ鍋 正直飽きた 見たくもない

f:id:goldhead:20210113123350j:plain

先日の三連休、いや、そのちょっと前からだろうか。だんだん晩飯にキムチ鍋を食うのがつらくなってきた。気が進まない、気が乗らないのである。そこで、鍋キューブなどを買って普通の鍋などにしたり、蒸し野菜にして酢醤油で食べてたりしてみたが……もうだめだ。もう白菜食いたくない。キムチ鍋も見たくない。胃が痛い。胃薬を飲んだ。

【第2類医薬品】第一三共胃腸薬〔細粒〕a 60包

というわけで、日曜日にはいよいよ「もうおれはなにを食べていいのかわからん」という状態になり、賞味期限の切れたパスタを食べたりするなどした。おれはキムチ鍋生活をやめるぞ!

と、言ったところで晩に何を食べればいいかわからなかった。祝日の月曜日は残っていた白菜を使い切るため、キムチ鍋にした。胃が痛い。食は進まない。胃薬を飲んだ。

ああ、まったくどうしたらいいのか。おれはなにを食べればいいのか。もちろん自炊で、もちろん簡単で、野菜がたっぷり摂れる、安価なメニューは……。

 

そんなものが、あるのか?

 

あるじゃないか!

 

goldhead.hatenablog.com

そうだ、おれにはお好み焼きがあった。そう思いつくと、口の中はとたんにジャンキーに甘ったるいお好みソースとマヨネーズの味で満たされた。これだ、これしかない! そもそも光熱費が高くなる冬に、鍋などで火をよけいに使うのが間違いだ。冬こそお好み焼きだ。

そう思ったおれは火曜日、スーパーに寄ってお好み焼きに必要なものを一通り買った。……が、ブランクのせいで肉と長芋を買い忘れてしまった。今日、買う。

さて、久々のお好み焼き。小麦粉の量はどのくらいだっけ。前につらくなったときは50gくらいにしていたっけ。しかし、今は山芋もない。とりあえず75gだ。水の量は、適当だ。卵を入れて、かき混ぜる。問題、ないんじゃないのか。粘りはないが、これでいい。そしてキャベツを刻んで入れる。一本残っていた細い泥ネギを入れる。一時期コールスローサラダにはまっていたときに買ってあったコーンの缶を開ける。そうだ、肉のかわりに、冷凍してあるあぶらかすを使おう。こんなもんだろう。

そして、油を薄く引いてあぶらかすを入れ、しばらくして生地を流し込む。ボウルを洗いつつ、たまに左手でフライパンを振る。少し表面がかたまってきたか。そのまま左手一本でひっくり返す。うまくひっくり返る。長年やってきたことは、身体に染み込んでいるということか!

f:id:goldhead:20210113120305j:plain

あおさと鰹節をかけて、できたー! 食べた。うまいかもー!

というか、うまいな、お好み焼きは。これはいけている。ナイスな食べ物だ。これで小麦粉の量をさらに減らし、山芋で補えば、炭水化物忌避もできよう。

国産大豆100% 超微粉おからパウダー400g (150M チャック付き袋)

さらに、「おからパウダーがよい」という情報を食後に教えてもらったので、いきなりAmazonでポチった。もうお好み焼き食うしかねえ。それのなにが問題なんだ。卵も摂れるし、野菜もたっぷりだ。火を使う時間も少ない。すぐに食べられる。万能じゃないか! お好み焼き万歳! 万歳!

おれは服を脱いで外に飛び出した。警察官に声をかけられたので、「犬の散歩だ、見てわからんのか」と言った。警察官は涙を流しながら、拳銃で自分の頭を撃ち抜いた。おれが部屋に戻ると、ひさびさに油を使って何かを焼いたにおいが部屋に漂っていた。

 

_____________________

goldhead.hatenablog.com

goldhead.hatenablog.com