読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここまでのカープ

ここまでのカープ。首位である。「カープが元気なのは鯉のぼりの季節まで」といわれたのは、もう昔の話だ(この先そういう時代が再び訪れないとはいわないが)。昨年の優勝チームらしく(べつに北海道日ハムと比べようというわけじゃないが)、首位争いをしている。というか首位である。わりと当然のことのように思えてしまうのが自分でも不思議だが、まあ順当というところはある。

あるにはあるのだが、巨人が怖いのである。今の巨人打線を見て欲しい。立岡? 中井? 言っちゃ悪いがまだ実績のない選手である。そして、大ブレイク中という数字をここまで残しているわけでもない。石川ってだれだ? 小林の打率はどうなってんだ? (ちょっとどうかという)フリーエージェント3選手はそろって2軍にいる。……なのに、だ。なのに僅差の2位にいる。高橋由伸が名将なのかどうかはまだわからないが、これで2位というところが怖いのだ。これで若手が力をつけてきて、長野が復調して、阿部と村田を休ませつついい状態をつくり、2軍から追加戦力が上がってきたらどうなる。かなわんではないか。

とはいえ、現状のカープにも欠けたピースが2つもある。沢村賞投手のジョンソンがいない。守護神(といっていいだろうか)中崎がいない。エースと抑えを欠いていて首位争いをしているのだ。そう考えるとまだ伸びしろ(といっていいのかわからないが)があるのかもしれない。鈴木誠也が4番という打順に慣れ、新井さんが適度に休み、若い先発たちがこの調子でいけば、結構やれるのではないか。クライマックスシリーズ進出はあるのではないか、という気にもなる。

というわけで、なにかよくわからない不幸が空から降ってきて長い連敗などしないよう気をつけていけば、わりといい感じなんじゃないかというのが今のところ。會澤の面構えがどんどん前田智徳化していったりすれば、連覇も夢ではないというところだ。以上。

 

 

中沢啓治著作集 1 広島カープ誕生物語

中沢啓治著作集 1 広島カープ誕生物語