とんかつ切って暮らしていけるなら、それでよくね?

r.gnavi.co.jp この記事のはてなブックマークで、「ブラック」と決めつけるようなコメントが散見された。そう言いたくなる気持ちはよくわかる。飲食業、下積み修行……やりがい搾取、パワハラ、暴力、そういった連想。 だが、ちょっと待ってほしい。この記事を…

さよなら、ヴィデオ・ゲーム

おれが幼稚園のころだったか、任天堂がファミリーコンピュータを発売した。我が家にはすぐにそれが入ってきた。父親が新しもの好きだった。それから小学生時代、スーパーファミコン、中学に入って、プレイステーション派とセガサターン派……。数々の有名RPGゲ…

阪神競馬場のうどん屋で詰められる

仁川駅は思いのほか小さかった。この駅の最寄りに中央競馬の主要四場の一つがあるとは思えなかった。競馬場周辺の独特の空気がなかった。 しかし、競馬場はそこにあったのだから仕方がない。到着時にちょうど一レースの直線。仕込んでおいた馬券は負けた。お…

おれの薄い本が出るらしいです。

おれの薄い本が出るらしいので、宣伝というか、予告というか……。 dk4130523.hatenablog.com 現在公開できる情報は、こちらさまのエントリーがすべてですので。 なんというのか、自費出版ですらない。他費出版というのでしょうか。一人でも同人誌というのでし…

【ふるふるのゆず酒】10度くらいの酒って飲むのむずかしい【ありがとうございます】

写真の左に映っているのはアンワルさんである。アンワルさんは悪い人である。ただし、ファッションセンスがいいし、見た目がかっこいいのだ。 d.hatena.ne.jp 名作映画の主役……? やで。 そして、右に映っているのはルイ・フェルディナン・デトゥーシュの身…

人生、ソープ・ボックス・ダービー

おまえの車にハンドルはついていなかった。お前の車にはアクセルもなければブレーキもなかった。おまえはただ坂道を下るだけで加速され、まえに進むしかなかった。おまえの車にはハンドルがついていない。おまえの車にはアクセルがない。おまえの車にはブレ…

ベリヤの切手を飾るのこと

ある女性声優のラジオを聴いていたら、「自分はタンクデサントとして前線に出たくはない。スターリンの横で<グルジアワインは最高ですね>とおべっかを使っているのがいい」などと言っていた。 ……声優の名前を伏せる必要があるだろうか? そして、その発言…

朝早くから『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』を観に行くのこと

映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 やくしまるえつこ+砂原良徳 『Ballet Mécanique』(short ver.) Animation PV おれは職場のFMラジオから「Ballet Mecanique」の流れるのを聴いた。正確に言うと、おれにとってこの曲は大好きな…

竹内整一『ありてなければ「無常」の日本精神史』を読む

ありてなければ 「無常」の日本精神史 (角川ソフィア文庫) 作者: 竹内整一 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版 発売日: 2015/12/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る なんとなく手にとった一冊。 この本で言う「無常」は、釈尊の仏教のコアな…

そうか、もう丸はいないのか。

夜道、信号待ち、やけに赤く色づいた街路樹の葉を見る。単に赤信号の光を反射しているだけだった。 丸佳浩がカープを去る。去って巨人に行く。おれはこのあいだ、こんなことを書いた。 【お恵み】カープ残念の本麒麟ありがとうございます! そして、丸は……。…

Siri、もっと光を!

先日、夜道の帰り道。住宅街の隙間を縫うような、すごく狭くて、すごく暗い道。おれはマスクをしていてメガネが少し曇っていた。何度も通った道だが(通勤路ではないので、毎日通るわけではない)、「これはまったく前が見えん」となった。 そこで思いついた…

リアルタイムの人と一緒に映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観る

最初はエマーソン・レイク・アンド・パーマーのファンだった。ピンク・フロイドも聴くようになった。プログレッシブ・ロックを聴いていた。だが、そこに現れたのが見た目もかっこよく、歌もわかりやすいクイーンだった。『ミュージック・ライフ』にもよく特…

2018年 第38回ジャパンカップ & 5回東京最終日予想 【そして回顧を追記】

ジャパンカップと明日の東京のおおよそのレースの予想を書く。 明日、出かけることになってしまったので、実況を見ることもできなければ、Twitterを眺めることもできないからだ。 べつに予想をブログに書いたからって、そのかわりになるわけではないのだけれ…

体温計がないので体温計を買いに行った

ピザ。 pic.twitter.com/CUxd0tmQDl— 黄金頭 (@goldhead) 2018年11月22日 昨夜はピザの日(おれによるおれのために制定された日。詳しく言えば、ラジオでマンボウやしろが「一ヶ月に一日宅配ピザをとるということを楽しみに生きていてもいい」というようなこ…

大船・補遺

sanpoo.jp サンポーさんに寄稿させていただきました。体調が戻ってきたあたり、大船のフラワーセンターに行った話です。とはいえ、散歩としても非常に短距離であり、なんというか、まあちょっと行ったよ、というところではあります。とはいえ、一生懸命に書…

横浜の港にはハイゴッグがよく似合う

www.itmedia.co.jp なにやらガンダムの新しいプロジェクトが始まるらしい。あの『閃光のハサウェイ』の映像化もあるらしい。 が、とりあえずこの「実物大ガンダム」だ。 ……って、もう。「実物大ガンダム」、飽きてきませんか? というのが率直なところ。静岡…

【お恵みもの】吟香鳥飼にお湯割りは……合わない【焼酎】

吟香鳥飼お恵みいただきました。ありがとうございます。 吟香鳥飼……米焼酎。ただ、飲んでみると「焼酎? 日本酒?」となる焼酎。箱の中の取扱説明書(?)では、ロックで飲めよ、感が強い。 が、しかし、今日は寒い。寒い日には焼酎のお湯割りでも、という気…

日清カップヌードルの「ほぼウニ」はどれだけウニか?

日清カップヌードルの「贅沢濃厚うにクリーム」を買った。 日清 カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム 72g×12個 出版社/メーカー: 日清食品 発売日: 2018/11/19 メディア: 食品&飲料 この商品を含むブログを見る 「ほぼウニ」ってどのくらいウニなの…

ウーバーイーツ

ツモ! メンタンウーバーイーツドラドラ! ……という話ではないし、ウーバーイーツで注文したとか、配達したとかいう話ではないけれど、このごろこの横浜市中区でもUber Eatsのバッグを背負った人を一日に一回は見るくらいになった。流行ってんのかな、ウーバ…

反出生主義者よ、縮こまることなかれ ベネター『生まれてこないほうが良かった』を読む

生まれてこない方が良かった―存在してしまうことの害悪 作者: デイヴィッドベネター,David Benatar,小島和男,田村宜義 出版社/メーカー: すずさわ書店 発売日: 2017/11/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 最近の反出生主義の本というと…

ヤギのいる根岸森林公園へ(天皇賞馬もいる)

一週間前のことである。健康のためのウォーキングに、近場の根岸森林公園を訪れたら、こんな看板が立っていた。ヤギがいるのか! そう思いつつ、ヤギはいないかと園路を一周したが、ヤギは見つからなかった。ヤギなどそんなに簡単に見られるものではないのだ…

たまには植物の本でも 『植物 奇跡の化学工場』を読む

おれはわりと植物の話が好きである。 べつになにかの園芸植物にのめりこむわけでも、家庭菜園をするわけでも、そこらの樹木の同定ができるわけでもないが、漫然と、漠然と好きだ。 なかでも根粒菌の話などが好きで、「なに? イネ科で窒素固定?」とかいうニ…

サニーデイ・サービス、そして曽我部恵一を聴き始める

曽我部恵一 - なんだっけ?(映画「止められるか、俺たちを」主題歌)【Official Video】 映画『止められるか、俺たちを』。これの音楽を、エンディングテーマを手がけたのが曽我部恵一である。おれはエンディングテーマがあまりによかったので、映画のサン…

【お恵みに】おれと獺祭【乾杯!】

はい、純米大吟醸獺祭50お恵みいただきましたー! つーか、なにこれ、なにこの、なんか、なんもせんで酒が贈られてくる生活? 素敵やん。素敵な人生に乾杯! ちゃんと冷蔵庫で冷やしておきます! が、とりあえず飲む、獺祭。美味しい。久々。 久々、もいいと…

なぜ世界はアニメ化したがるのか?

買ってみたけど、これはすごいな。そりゃPhotoshopとか使えばできる加工なんだけど、それがリアルタイムで、この精度で、動画もいけるし、いやはや。 / “写真や動画を手書きアニメ風にするアプリ「Olli」が人気に 漫画家やイラ…” https://t.co/KSOxMXCXSe— …

『超越と実存「無常」をめぐる仏教史』を読む

超越と実存 「無常」をめぐる仏教史 作者: 南直哉 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/01/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 「超越と実存」と言われると、なにやら近現代西洋哲学(よくわからない)のような雰囲気があるが、実のと…

シオラン『深淵の鍵』をざっと読む

E.M.シオラン選集〈5〉深淵の鍵 (1977年) 作者: E.M.シオラン 出版社/メーカー: 国文社 発売日: 1977/08 メディア: ? この商品を含むブログを見る 国文社のシオラン選集の最終巻である。このシリーズが出た時点でのシオランネタも尽きた、という感じの一冊で…

メガネのここの部分がめっちゃ気になる

メガネのここんところが気になる……、ってどこ? そうやな、ちょうど蛍光灯の光が緑色に二本写り込んでる、その下あたり、そしてちょっと右あたり。わかるやろ、色が薄くなってる。これがな、この部分がな、おしゃれなiMacの画面に一日向かい合ってサボってネ…

【お恵み】カープ残念の本麒麟ありがとうございます! そして、丸は……。丸のいないカープは……。

カープ残念賞で本麒麟いただきました! ありがとうございます。本麒麟は赤いからカープなのでいいです。というのはともかくとしても、「第三のビール系飲料」のなかで、いまのところ突出して美味しいなぁ、と思うのが本麒麟。紛れもない本気であります。 【2…

月曜日から夜ふかし、あるいは伊集院光の偉大さについて

ここ何ヶ月か、そしてここ数週は毎週、という形でテレビ番組『月曜から夜ふかし』を観るようになった。 月曜から夜ふかし|日本テレビ マツコ・デラックスと村上信五による……主に町の面白い人インタビュー系番組である。並外れた素人(おもに足立区民)にマ…