展覧会

おれは100人のうちの99人のひとりだったわ 庵野秀明『式日』

式日 [DVD] 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 2003/07/24 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 92回 この商品を含むブログ (115件) を見る 式日 - Wikipedia 不幸な家庭と過去の体験に絶望し、現実世界を隔離して生活を送る少女の孤独で病的な精神世…

チームラボボーダレスへ行く ― アートの未来なんて知っちゃ話じゃないけれど

borderless.teamlab.art 女がお台場のチームラボの展覧会に行きたいというので予約したら、女が考えていた「ボーダレス」ではなく「プラネッツ」の方だった、というのが前回。 goldhead.hatenablog.com 今回は間違いなく(お台場には二ヶ所しかないので間違…

「チームラボ プラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMMcom」へ行く

「ここよね?」 「わたしはここだった」 すれ違い、行き違いというのはむなしいものである。おれは女に「チームラボなんとかに行きたい」と言われ、ああ、新豊洲の、と思い予約した。だが、どこで昼飯を食うかで齟齬が明らかになった。チームラボなんとかは…

あした暇ならヌードを見に行け―横浜美術館「NUDE 英国テート・コレクションより」

彼女の人から久々にお声がかかった。「横浜美術館のヌード展にいかないか?」。 なぜ久々なのか。というか、おれが二十歳年上の彼女の人とのアクティビティが減っているのはなぜか。それは彼女の人が団地の役員になり、土日が潰れていたことにあった。まあ、…

韓国映画『アシュラ』を見る

アシュラ(字幕版) 発売日: 2017/07/21 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る ノワールでラーメンが獣臭い韓国映画です。大好物なのであります。して、この映画に関しては、主人公もかっこいいのでありますが、松重豊と谷垣禎一を足して、さ…

これぞMJ!『みうらじゅんフェス! マイブームの全貌展』へ行く

www.kawasaki-museum.jp MJとおれ。おれとMJ。おれがみうらじゅんの……作品? に直接接したことはあまりない。ただ、鎌倉に住んでいたころ、行きつけの目白山医院の待合室に『見仏記』シリーズがあって、それを読んでいたのを覚えている。あとは、今回の展覧…

東京都庭園美術館『マスク展』に行く

東京都庭園美術館|TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM|岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟 2019年1月26日(土)- 4月7日(日) 東京都庭園美術館なるものが存在するものとは知らなかった。女に誘われて行くことになった。鳥獣戯画? 混んでいるんでし…

印刷博物館へ行く

印刷博物館 Printing Museum, Tokyo 印刷博物館に『ヴァチカン教皇庁図書館展II 書物がひらくルネサンス』を観に行った。……というと嘘になる。本当は「みんなにうれしいカタチ展 ユニバーサルデザイン2015』が目的だった。……っといってもやや嘘になる。いや…

そごう美術館『バロックからバルビゾンまで 山寺後藤美術館コレクション展』に行く

西洋絵画の世界 バロックからバルビゾンまで-山寺 後藤美術館コレクション展- タダ券があるというので女についていった。昔、バロックロココという馬がいたと思う。あと、マイネルバルビゾン。そうだ、おれにはあまり興味がない。おれはたいていのことに興味…

『11ぴきのねこと馬場のぼるの世界展』(八王子市夢美術館)へ行く

おれのことばの世界が形作られた最初期。なにが影響したのか。おれは「いしいひさいち」と「東海林さだお」と「ドラえもん」の影響がとても大きかったと思っている。が、しかしおれは「11ぴきのねこ」のことをすっかり忘れていた。言葉より前の世界と言葉の…

東京都美術館『バルテュス展』へ行く

エロティシズムというにはあまりにも未熟な、しかも作者の周到な配慮によって、秘密のヴェールにかくされ、暗示するにとどめられた、あてどのない思春期の性の衝動のごときものが、バルテュスの奇妙な作品世界にはみちみちている。カーテンをひいた薄暗い部…

神奈川県立近代美術館 葉山『ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』展へ

404 Page Not Found | 神奈川県立近代美術館 葉山あたりをほっつき歩いていたら美術館があったので入ってみたパターン。とはいえ、おれはベリヤをはじめとして、いくらかソヴェートが好きなのであって、そこそこは期待して入った。ひょっとしたら神格化され…

なんでおまいらミュシャ好きなの? 死ぬの?

すばらしく新しいヒルズ(山手駅)の改札を抜けると、そこはやばいネオヒルズだった。おれはミュシャ展を見に来ているのだった。 入り口に行列ができていた。おれをここまで引っ張ってきた女(おれが風邪で寝込んでいる間に会田誠の展覧会に一人で行った女)…

国芳はじまったな展へ行くのこと

なんでも擬似ミニチュア風にして見下すという風潮。 見上げてみると、これはまた妙な感じもするが。 横浜美術館 やってきたのは横浜美術館の国芳はじまったな展。例によって詳しくはこちらを見ればいいと思うよ。 土曜日、横浜美術館『はじまりは国芳』など …

東京へ、国立東京近代美術館『美術にぶるっ!』へ

新しくなった東京駅。 さんざん八重洲ブックセンターで時間を潰したすえ、たどり着きましたは東京国立近代美術館。 展覧会情報東京国立近代美術館 60周年記念特別展 美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年 東京国立近代美術館『美術にぶ…

篠山紀信の写真展に行く

篠山紀信展 写真力|東京オペラシティアートギャラリー 篠山紀信といえば、おれの中で高岡早紀のおっぱいを撮って流通させたという功績をもって、おれ連邦人民文化英雄に輝いているのだけれども、正直言って写真芸術とか写真家とかについてはまったく知らな…

ブログみたいなアートについて

あまり人のいない六本木とかいうところ。 はい、特撮で壊しがいのありそうな国立新美術館。目的はといえば、「取引先の社長がなんかの展覧会に出品してるらしいから、ちょっと見てきてくれや」とか「親戚のおばさんがなんかの展覧会に出品しているらしいから…

『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』を見に行くのこと

館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 土曜だか夕方だかの中山秀征が出ていそうなPR番組(たぶん出ていた)をぼんやり見ていたら、わりと行きたくなってきて行くことにした。東京都現…

埼玉県立近代美術館『草間彌生 永遠の永遠の永遠』へ行ったのこと

http://www.momas.jp/ http://www.asahi.com/kusama/ 「未来はわたしのもの」―草間彌生 こころの憂いの中で沈んだ今日の万物の気配めくるめく人の世のよろこびと悲しみの果てに落涙の中にうずもれてわたしは今こそ芸術の力をもって人の世のはげしさと天空の…

ぼくはホッパーが好き、彼女はオキーフが好き

自分がいつエドワード・ホッパーを好きになったのかわからないのだけれども、ともかく好きな画家なんだ。でも、実際の作品は一回も見たことがなくて、どう逆立ちしたってアメリカまで『ナイト・ホークス』を観に行くなんてこともできないし、じっと日本に来…

ヨコハマトリエンナーレ2011とはなんだったのか?

……なんなんだったんだっけ? 横浜トリエンナーレ 行ったには行ったのだが、花火大会の有料券のおまけのような感覚ではあった。花火を先に満喫してしまったのだからしかたない。 花火大会の写真を貼っていくのだぜ、夏だからな - 関内関外日記(跡地) 『横浜…

ちかくてもよくみえない〜高嶺格「とおくてよくみえない」〜

どっかの写真ブロガーのテリトリかもしれないとか思いつつ、野毛でクジラとか食ってね。 ぶーんってひとっ飛びしてね(掃除したばかりのCMOSに一点の曇りなくてね)。 ハイ、横浜美術館。この2時間半後に学芸員とアーティストとキュレーターに内部で内部構造…

ミッフィー展を(最終日に)

asahi.com:朝日新聞社 - 「ゴーゴーミッフィー展」 開催中の浦和競馬に行こうかどうしようか迷っていたところ、横浜そごうで開催中のミッフィー展が最終日であることに気付く。南部杯と浦和のメーンの馬券を仕込んだのち、一人で出かける。ちなみに、知らな…

黄金町バザール2010へ

黄金町バザール2010 浄化された街、黄金町。アートの街としての再生。近くの映画館で映画を観たあとに立ち寄ってみた。 おれは、開かれているか閉じているか、内輪かそうでないのか、そのあたりに敏感すぎるほど敏感な、ある種の自意識過剰すぎる人間であっ…

上野にシャガールを見に行くのこと

『シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜交錯する夢と前衛〜』 http://marc-chagall.jp/ 上野の東京藝術大学大学美術館のシャガール展に行ってきた。シャガールといえばマルク・シャガールなわけで、とくに好きということもあるともないとも言え…

『版画と彫刻による悲しみとユーモア- 浜田知明の世界展」』神奈川県立近代美術館・葉山館

404 Page Not Found | 神奈川県立近代美術館 葉山を歩いていたら葉山館があったので入った。浜田知明という人の展覧会をやっていた。 1981年に中日ドラゴンズからドラフト5位指名を受けているが、入団拒否。1982年にドラフト5位で阪神タイガースに入団。 1年…

渋谷、表参道、原宿、新宿、2つのアートとiPadに触れること

タイトルの通りである。超リア充の俺、本来の姿で登場。……うそくせー。 つーか、東京というのはただそれだけでうんざりするし、それが都下でなく23区内というともう息苦しいし、かんべんしてほしいと思う。なにせ人間が多すぎるし、平均年齢が低い。子供のこ…

リスペクト、リアルなアーティスト〜第84回国展に行く〜

http://www.kokuten.com/ 「あー、チミチミ、取引先の〇〇の社長がね、趣味が絵でね、国展ってのに作品を出すらしいんだな。わしの代わりに、ちょっとどんな絵か見てきておいてくれんかね? はい、これ、チケット」 って、まるで昭和のサラリーマン漫画みた…

興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」に行ったこと

asahi.com : 朝日新聞社 - 興福寺国宝特別公開2009 ―お堂でみる阿修羅― 東京国立博物館 阿修羅行列 混雑怖い。でも行きたい。ということで、8時半上野駅着というスケジュール。公園に入るとルーヴルの方にも行列などあり、やや焦る。道を渡って平成館。…

中川昭一のひととなりを垣間見る

たくさんの名画を見ながら、「ふーん」程度で見進んでいったが、一枚の絵の前でハッとしてしばらく見続けた。 5枚のコピーとギャラリーの解説本を買い、家に貼ったが、家族全員に「気持ち悪い」と言われた。確かに夜中トイレに行くのに、電気をつけてギョッ…