なにか

特高警察をしらない大学院生をこれっぽっちも笑えない

gachagacha on Twitter: "この前、優等生タイプの若い修士の人と戦前の話をしている時、「沢山の学者や学生が特高に逮捕された」という話をしたら「それって悪いことをしたからですよね」と言われて本当に驚いた!" [歴史] [教育] 熱海事件のことをいくらか…

人間たちの世界のおわりに

いったいおれたちはいつまでマスクしつづけなきゃいけねえんだ。いま、神奈川県にどれだけの新規感染判明者がいるっていうんだ。もう、市中感染の危険性なんてほとんどねえんじゃねえのか。マスクの暑さがそう言い立てる。おれに答えはない。答えが風に吹か…

おれのなかの無敵の人

脳内自粛警察になりかけているので吐き出す [生活] [心理] おれはあるとき「どのみち自分は刑務所に行こうが失うものもとくにない人間だ」と気づいてから、あまり街なかで他人にいらつくことがなくなった。 2020/06/04 11:55 おれはわりと街なかでマナーのな…

すべての六月のはじまりに

この地方も半月つづけて雨になった。湿気がまとわりつくようになった。露で濡れた芝生には寝っ転がることもできない。おれは一人、静かな部屋で椅子に座っていた。ただ、椅子に座っていた。人の気配もなかった。塩のスープと黒パンをとると、おれはまたベッ…

すべての五月の終わりに

田舎道を古いトラバントでバタバタ走っていたら、急に倦怠感ってやつがおそってきて、おれは車を停めたんだ。車内がとても息苦しかったから、おれは外に出たんだ。ちょっとした草原みたいになってて、牧場かもしれないなって思った。おれはスローモーション…

リボ払いの死。それが哀れ我らが日々。

生きる限りは死ぬ。いろいろの生物のいろいろの生態というものはあろうが、こと人間については今のところそう言い切れる。生きるということには死というものが必ずついてくる。生と死は相反するものとは言えないようだ。生は死を内包している。 不幸にもこの…

新コロナウイルス対策失業団戦記

その晩の夕食のメニューは、いつもどおりのすいとんともやしの和え物だった。すいとんといっても、味のない、ぬるい塩スープに白いかたまりが浮かんでいるだけだ。 食事の号令を待っていると、そこへ監視官が入ってきた。汚れてベージュ色になったマスクの紐…

みんなお金を使う理由を探していたんだ

ここから書くことは試論……なんてたいそうなものじゃない。おれがふと思いつき、思いついたままとくに肯定する話も、かといって否定する話も出てこなかったことだ。その思いつきはいまだにもやもやと自分の胸の内にあって、どうにも気になってならないので、…

みんなお金を使わない理由を探していたんだ

ここから書くことは試論……なんてたいそうなものじゃない。おれがふと思いつき、思いついたままとくに肯定する話も、かといって否定する話も出てこなかったことだ。その思いつきはいまだにもやもやと自分の胸の内にあって、どうにも気になってならないので、…

ブログ書くのに必要なリズムの構成二通り

ブログなんかの文章の、うまく書けるその指南、二つ読んだがピンとこない。あえてリンクは晒すまい。だけどちょっと気になって、ここでひっそり晒します。長くブログを書いてきた、おれの秘密を晒します。 それはひどく簡単で、一つ覚えてくださいな。当たり…

COVID-19 wyno

ストーンステッパー、ターントゥ、トゥザワールド、ダンシングブレーヴ、そしてシンキングダンサー。街を行くはビューティージェネレーション、そしてサイレントウィットネス。道は泣きますかストリートクライ、出会って五秒でピースオブワールド。カラクレ…

なにが悲しくて夜が明けるのか

なにが悲しくて夜が明けるのか。 おまえはまだ布団のなかにいたいのに、重い鉛の詰まった頭で起き上がらなければならない。歯を磨いたり、シャワーを浴びたり、服を着たりしなくてはいけない。服を着なければ寒いし、服を着ないで外を歩いていたらおまわりさ…

ブログを書くということに対するたたずまいについて

年末、いつもの図書館で少し時間を潰す必要があった。一階の文庫棚からなにか適当な本を選んで、椅子に座って読もうじゃないかということになった。そのときに目に入ってきたのが『雑文集』と背に書かれた本。ちょうどいいじゃないか。 村上春樹 雑文集 (新…

なにもしないことがしたいのだ

まるまる生きてみたところでたいして長くもない人生なのだから、どうかして、平凡無事に無邪気にくらしたいものだと思う。が、今迄の経験によると中々そう簡単にはゆかない。こっちではそう思っていても向こうからやってくるのだから耐らない。戦争でも始ま…

Too much, blues

この国は最後の国、あなたは最後の国の最後の国民。なにをしているの? アブチロン。私は一ヶ月後に閉鎖の決まった花月園競輪場にいます。まわりにはお年寄りたちがいます。よく知らない演歌歌手が、だれも知らない歌を歌っています。赤モツと甘酒を。 「ハ…

おれはひとり日陰で食べられる草を探している

はやく寝ないと言葉がはねない。羽根がなくなって気ままに飛べない。気ままに飛べた試しがあったろうか。家から出て十歩、舗装されていない道、雑草。 言葉ははねなくてはいけない。ア・ソンレンセ。言葉がはねて、踊ったあとに、草は芽吹き、花も咲く。雨の…

底辺を這うおれには努力というものがわからない

anond.hatelabo.jp こちらの記事を読んだ。進学校からそれほどでもない大学に行ってしまい、もっと上の大学からいいコースを歩んでいる友人たちと差が開いてしまったが、努力によって挽回しているという話だ(と思う)。 おれはこういう話のなかの、「個人的…

ぼくは『桜を見る会』に行った

「祖父が倒れたらしいので、ちょっと村に帰って様子を見てきてくれないか」。東南アジアのどこかの工場で働いている父から連絡が入った。とりわけ忙しくもない大学生のぼくは、東京をあとにして、本州最北の田舎に急いだ。季節は冬に入るころだった。 村は東…

失われた聖地・広島について

おれの父は、自らの生まれ故郷である広島についてよくこう言ったものである。 「原爆が落とされて100年は草木も生えないと言われたものだが、木も草も生えていたぞ」 そして、言外に自分も広島で生まれたのだと。 父は双子として生まれた。双子の弟は生まれ…

おれは呆けた顔でそれを眺めていた

階段をのんべんだらりと下りながら、口には昔ながらの紙巻たばこくわえて、ちょっと立ち止まってターン、腕を開いて空を。 お前は社会の底辺を這いずって、なにも残さないって歌が聞こえてきた。ガラスの瞳、球体関節、美しい素材の肌。みにくいものとは縁な…

『反出生主義を考える』(「現代思想2019年11月号」)を読む

おれは反出生主義者である。 おれが反出生主義者になったのは、エミール・シオランを読んだからではない。ましてやデイヴィッド・べネターを読んだからでもない。 おれの反出生主義は、おれというおれ以外にいないおれが生きてきてたなかで、自然とそうなっ…

セクシー・ヴィーガンの日

飼い犬に猥褻をはたらき逮捕─男の名は「セクシー・ヴィーガン(本名)」 | 「大統領候補」で「歌手」で「虫の友」 | クーリエ・ジャポン セクシー・ヴィーガンは2016年にシカゴからウェスト・ハリウッドへ移り住んだ。改名前の名前である「ヘンゼル・デバル…

ゲルツェンはPUMA、オガリョフはadidas(はたして、そうだろうか?)

一八二八年、ふたりの少年がモスクワ市をみおろせる雀が丘の上に立っていた。眼下をまがりくねって流れるモスクワ川には小さな舟が浮かび、地平線にシルエットをみせている多数の教会の尖塔や円屋根は落陽にかがやいていた。木造の民家は夕もやの中にかすん…

抑うつ状態になったことのない精神科医って普通にいるわけだけれど

※着地点が見えないまま書き始めました。 おれがおれの行きつけの医者に行くようになって何年も経つが、たまに症状などを話していると、「あれっ?」という反応をされることがある。前にも言ったような気がするんだけどな、みたいな。そりゃあ精神科の開業医…

私はどこに「いない」のか

【3868】 コンサータによって自己の連続性を失いつつある | Dr林のこころと脳の相談室 これを読んで思うたことを昼休みに書く。昼休みといってもおれは今日の午前中ベッドの上で固まっていたので、昼休みといっていいのかどうかわからない。 「赤肉団上に一…

映画感想文『天気の子』

美しい娘の物語は、年とった人たちの心にも、豊かな期待を起こさせるものと見えて、このわたしどもの国にも、そうした話がたくさん残っていて、幼い耳へ順ぐりに、吹き込まれ吹き込まれして参りました。これも、そう言う噂の一つなのです。 「神の嫁」折口信…

おれとファニー・ファニチャー・ニューヨーク、そしてクラック・ダラー・シルヴァー・アンド・ファンタジー

クラック・ダラー・シルヴァー・アンド・ファンタジーは薄汚いアパートのドアを乱暴に開けた。乱暴に閉めた。部屋の中でゴージャス・アンド・ルックルック・ステイ・アンド・ビルドに明け暮れていたおれとファニー・ファニチャー・ニューヨークは、なめらか…

ぼんやりした前提で好みを尋ねられても困るよな

dot.asahi.comこちらの記事が話題になっていた。読み応えある話だ。男性と女性、見る側診られる側。おれなどは小さい頃から小さかったから、否応なく見られるというか、逆に目に入らないものだろうな、と思って生きてきたものだが。 まあ、それはともかく、…

引きこもりのお前らよ、うまくやってるか?

www3.nhk.or.jp これまでの調べで、熊澤容疑者は「長男は引きこもりがちで、家庭内暴力があった」と供述していますが、その後の調べに対し、およそ1週間前に起きた、川崎市で51歳の男が小学生らを包丁で殺傷した事件を受けて「川崎の事件を見ていて、自分の…

さよなら失墜の平成

昼過ぎには休日出勤を終えて、赤レンガ倉庫のオクトーバーフェスっぽいもの(今はオクトーバーではない)に行こうという話が、仕事が長引いて行けなくなった。おれは平成最後の日の街なかを撮るつもりでいたのだが、結局は通勤路の写真を撮るだけに終わった…