なにか

最高指導者の髪は黒電話

わたしはこの地区で最高の理髪師だ。わたしは長いことそう自負してきたし、地区の住民たちもわたしの腕前を信用していた。わたしはわたしなりに世界一とは言わぬまでも、到達し得るある地点に立っていると思っていた。 そんなわたしに党から出頭命令が出た。…

だれー?

きみ、だれー? おれ、だれー? ごめん、いまちょっと調子がわるいから。ぜーんぶ忘れちゃって、図書館で借りた本も読みきれずに返すし。雨、降ってて、梅雨明けしたあとのほうが降ってるんじゃないの。まあいいや、座ってよ、え、立ったままでいいの。「戻…

文化窃盗と村上隆

beinspiredglobal.com こんな記事あってん。そんで、わしも、こんな堅苦しいPCの世界はかなわんし、くだらんし、つまらんし、って思うたわけや。でも、堅苦しい言うても、なんかそこに人の感情いうもんがあるんじゃないのと思うて、うーんと思ってみたら、あ…

風速○○メートルって何の距離か知っていますか?

いま、大きな台風来ていますね。台風になると「風速40mです」とかニュースで放送されますよね。みなさん、あれって何が40mなのか知ってますか? 実はあれ、田んぼの様子を見に行ったおじいさんが、風で何メートル飛ぶかを測ったものなんです。田んぼの近くの…

the end is near

平均気温とともに死にたさが登り続けている。朝起きるのは相変わらずそうとうの苦痛を伴うし、会社にいてもやらなくてはならないことはやまづみなのに手が動いてくれない。寝付きは悪いし、かならず明け方に目が覚めてしまう。酒もちっとも美味しくないし、…

ショットガンで頭ふっ飛ばしたいおれの頭を

ショットガンで頭ふっ飛ばしたいおれの頭を、なにかものすごくいやな液体の中をたまに息継ぎしながら陸地はどこにも見えず、左側の頭がずっと痛くて痛みは取れなくて、夜は水を入れて凍らせたペットボトルを抱いて寝ているそんな日々はおれの頭はショットガ…

ベーシック・ショットガン・ワールド

セブンイレブンはフランチャイズ店をいじめ、元請けは下請けをいじめる。畢竟、この世はいじめる側に立たなければ地獄であって、教育の場でもどんな職種がいじめる側に回れるのか徹底して教えるべきだろう。— 黄金頭 (@goldhead) 2017年7月25日 いじめる側に…

働けないものが食ったり飲んだりしてはならない

おれはいま、そうとうに働けない。おれの苦手とする分野(得意な分野というものも存在しないが)の仕事を二重、三重に溜め込んでしまって、なにをどうしていいのかさっぱりわからない。そのうえ、双極性障害、躁鬱病の鬱の方が脳みそを固めてしまって、身体…

死ぬべきものが死んでいく時代

自殺者の数が減っているという話だが、それまでは死ぬほどでもない人間が死んでしまっていただけであって、これからは本当に死ぬべきものが死んでいく時代になるのだろうと思う。たとえばおれのような。 おれのような。おれのような、中途半端に精神障害を抱…

なんか辛いんだ

なんか辛くて、辛い。辛いから仕事がはかどらず、はかどらない仕事が辛くなる。辛いから酒を飲んで、翌日辛くなる。この世の中のすべては辛い辛い方向に落ちていって、まったく底が見えない。思えばおれは人生のほとんどをなんか辛く生きてきて、辛くない時…

ぼくらの知らない走り方、ぼくらの知らない泳ぎ方

http://shiropen.com/2017/07/11/26572 この記事を読んで、その動画を見て、思ったのだ。「人間の身体というもののシミュレートが進んだら、機械からもっと速い走り方、泳ぎ方を学ぶことがあるのではないか」と。 実は、欽ちゃん走り方を極めた方が100mを速…

たまにアイドルに興味を持ってみたが顔の区別がつかない

www.mouse-jp.co.jp こないだ電車に乗ったら車内がマウスの宣伝だけ、みたいな感じになってて、そんで、テレビCMの例の「マウス、マウス」ってやつもなんかかわいくて好きだし、そのうちだれなのか調べてみようとか思ってたんだけど、その車内のポスターにす…

五千円の一生ものってなんだ?

信号待ち。となりのおっさんが携帯でだれかと喋ってる。大きめの声なので、自然と聴こえてくる。そのなかでこんなフレーズが耳に入った。 「五千円も出せば一生もの買えるやん」 五千円で、一生もの? それはなんだ? 話してるおっさんの風体もわからない。…

二日前のザ・ノンフィクションの感想 あるいはおれが自死か孤独死する理由

この間の日曜日、フジテレビの「ザ・ノンフィクション」を観た。ネットでの(いや、もう違うか?)有名人phaさんが採り上げられていた。通常、おれはその時間、なぜか東幹久が司会をする競馬番組を観るのだが、気になって「ザ・ノンフィクション」を観た。 …

おれ。

おれはおれの見た、触れた、聴いた、感じた世界をだれかに伝えたがっている。それは決して美しいもの、優れたもの、ためになるものではない。いかにもどうしようもないことが大半だ。それでもおれはおれの世界をだれかに共有してもらいたくてしかたがない。 …

それでもサリーは待っていてくれるのか? 

空から降り注ぐものすべて、おれたちのものではなかった。おれたちのための時代はいつだってなかったし、積み重なったのは苦痛に満ちた言葉たちだけだった。街路樹のイチョウのひこばえが伸びっぱなしなっている。だれも気にせず通り過ぎる。ヘリコプターが…

自分の脳味噌ぶっ壊したくて酒飲んでんだよ

今週のお題「家飲み」 「節度ある」飲酒も脳に悪い? 流ちょうさに影響も 研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース 節度ある適度な飲酒であっても、脳の損傷や知的技能のわずかな低下につながるとの研究論文が7日、発表された。多くの国が定める飲酒ガイドラ…

すごく高級そうな個人タクシーのカー

自動車知らずのおれですら「おっ」と思うようなビシッとしたタクシーを見ることがある。例外なく個人タクシーだ。タクシー会社に属するクラウンなんとかじゃあない。本当に素晴らしいであろうセダンだ。 おれは勝手に妄想する。そういう個人タクシーを駆って…

おれたちが首なし鶏マイクじゃないって誰が言えるんだ?

(Wikipediaより引用) 首なし鶏マイク - Wikipedia 首なし鶏マイク(くびなしにわとりマイク、Mike the Headless Chicken、1945年4月 - 1947年3月)は、首をはねられた後も18か月間生存していたことで知られるアメリカの雄鶏である。 おれはたまに首なし鶏…

なんの機が熟した、なんの木に熟した

www.sankei.com どこらへんがどう熟しているのかよくわからんし、おれには政治がよくわからん。国家の根本であろう憲法を改造するというのは保守の立場なのかね、革新というか、革命的なのではないのかね。いいや、時代に合わせて少しずつ改造していくのが保…

こもしれん我身の丸立ちする大文根

ふらぎきった雑管束の、かじみ切りでひりばったところから、蝋傍液のそぼり落ちるのをさっけして、路寓士はかまらしくなった低腕で土元辺に八葉壷をちかした。こもしれん我身は裏膜と裏膜のあぎりから遠物をめぶち合わせて、いじもなげん肚僧の、日あがりす…

きみは崩れ落ちる神輿を見たことがあるか

きみは崩れ落ちる神輿を見たことがあるだろうか。おれはある。あれは中学校のころの体育祭だった。なぜか神輿があって、喧嘩神輿のようなことをさせられたのである。クラス単位だったかなんだったか忘れたが、ともかく神輿を担がねばならなくなったのである…

爆弾が落っこちるとき

電柱の下にワイヤーハンガーが何個も落ちていて、電柱の下にワイヤーハンガーをたくさん置くおじさんでも来たのかと思ったら、電気の職人が上でゴミ掃除のようなことをしていた。小枝のようなものも落ちていた。職人が降りてきてゴミを袋に入れて立ち去ると…

それは天国への階段でないと気づいている

それが天国への階段なのか、地獄へ降りる階段なのか、おれにははっきりとわからなかった。どちらで変わりがないと思っていたのかもしれない。おれの人生が底をつきそうな今思うのは、些細な嘘、裏切り、虚言、暴力、逃避、そういったものが積み重なって、あ…

それで、明朝とゴシック、どっちがいいですか?

なんとはなしにブログ(PC)の本文のフォントを明朝にしてみたけど、あれや、自宅のウィンドウズで見たら、なんか読みにくい感じがせえへんでもない。どうやろうか。あんたはどう思うやろうか。 ○ゴシックがいい→はてなブックマーク ○明朝体がいい→はてなス…

しかいがぼんやりとしていた

視界がぼんやりとしていた。少し先になにがあるかもよくわからない。右を見ても左を見ても、振り返って見ても曖昧模糊としていた。上を見上げても、下を見ても、なにがなにやらわからなかった。 わたしそのようなものを見た。 司会がぼんやりとしていた。次…

新社会人に贈ることば

金のない人間の一生は長い妄想の中の長い失意にすぎず、人は何かを知ろうにも何かから解放されようにも、そいつを所有してなきゃ適わないことなんだ。 セリーヌ『夜の果てへの旅』 よう、新社会人。就活とかいう地獄を勝ち抜いてきた戦士たち。だからって、…

そこに言いようのない愛はあるのかい?

hatenanews.com はてなブックマークタグ紀行。今回は「言いようのない愛」だった。これはおれが愛用しているタグでもある。というか、先例があるかもしれないが、おれはオリジナルで使い始めたような気がする。 b.hatena.ne.jp そう思って自分の「言いようの…

おれが死ぬまでに一度は乗ってみたい乗り物5選

ヘリコプター おれは高所恐怖症だが、空を飛んでみたいとは思う。はい、ヘリコプター。飛行機には乗ったことがある。だが、ヘリコプターはない。ヘリの乗り心地は気になる。しかし、どんな情況でヘリに乗れるのだろうか。大災害が起きてビルの屋上に残される…

天下りじゃない、地下潜りがしたいんだ

国家公務員I種試験を経て幹部候補生として採用されたキャリア官僚は、程度の差こそあれ、同期入省者はほぼ横並びに昇進していく。その過程で上位ポストに就くことができなかった者は職が与えられず、退職する以外に選択肢は無くなってしまう。事務方のトップ…

ワン・ツー・スリーでチルアウト

ぼくが旅に出る理由はだいたい100個くらいあって、出るのが億劫な理由が101個くらいあって、なにごとも面倒なのさ。いままでメジャー・リーグでメンドーサという名前を持つ選手でチームを組んだら、ホセで組んだチームより強いかどうかって話なんだぜ。読み…

あの村についての覚書

ようやくあの村に住んでいたという古老と会う約束を取り付けた。明日から二泊三日の旅に出る。その前に、あの村についていくつかわかったことを書き留めておこう。 あの村は贄川宿と奈良井宿の中間に位置するが、中山道には面していない。どちらの村の枝郷と…

気持ちはいつでも28歳(気持ち悪い)

おれもいよいよ38歳になって、完全におっさんなのだけれど、その実感がない。37歳から38歳というのは我ながらかなり年を取ったな、という数字の印象があるのだが、そう言いながら身の丈と年齢に違和感がある。 そうだな、さすがに18歳とは言わない。28歳、そ…

goldheadさんて、はてなの中で何なのよ!?

おれって、何なんですか? いや、べつに存在の根拠とかいうようわからんもんを追求しているわけじゃあないですよ。たんに、なんというか、たとえば「はてな」界隈の中でどんなもんなんですかね? 正直、それがわからんのです。有名ですか? 無名ですか? 有…

とにかくみんな声あげてみよう カーリー・クロス問題に物申す

カーリー・クロスが謝罪、撮影で日本人女性の格好 - ハリウッド : 日刊スポーツ カーリー・クロスが炎上謝罪 日本文化を盗用と指摘、米VOGUE誌で「芸者スタイル」披露 この問題についておれはこんなブックマーク・コメントを残した。 カーリー・クロスが謝罪…

わしはわしなのに、わしがわしを憐れむ、そのわしはどのわしやねん?

おう、そこの、そこの若いの、若くない? どうでもいい、まあちょっとな、おれの話聞けや、うん、悪いこた言わんさかい、人生勉強っちゅうもんや、お兄ちゃん、いや、お姉ちゃんか? どっちでもええわ、まあ、ほら一杯、とりあえず、亀寿の明りXIIIでも飲も…

わいせつ箱職人の隠れ里

「鎌倉にはわいせつ箱職人の隠れ里があるらしい」。 久々に会った歴史学者の友人がそう言った。酒の席での話のこと、話題はもっと他愛なく、どうでもいいことに移ろい、やがては霧散して朝を迎えた。うすぼんやりとした朝日、ひとけのない街、頭のなかにはな…

完全に鍛えられたカンガルーといった塩梅で、おれは戦う前から負けていた

カールだかグスタフだか忘れたが、ハイチから来たというドイツ人が言うに、"今週のお題「冬の寒さ対策」"だとか。おれは言いようのない気分の沈み方をしていて、起き上がる気力すらなくって、それでもベッドから這い出てずるずると粘液を引きずりながら会社…

空から気分のいい王国が降ってきて

空から気分のいい王国が降ってきて、存外悪くない気分でおれは安い赤ワインを飲み干そうとしていた。なんでも許されるような気がして、勇気を出して一歩を踏み出してみる。二歩目を踏み出してみる。二歩は反則。おれは赤面して、また例の泥沼のなかに顔を突…

クリスマスの「圧」が減ってきたような気がするのは世間の風潮か?

ここ何年か、というのもずいぶんいい加減な言い方だが、まあ五年くらい、とでもしておこうか、どうにもクリスマスの「圧」が感じられなくなってきたような気がしてならない。 クリスマスの「圧」とはなにか? それはもちろん、一人で過ごすのは負け犬、カッ…

1997年のiPadはインターネットの夢を見たか?

今日は土曜出勤。年末の大掃除。古い書籍の中から1997年の「サライ」が出てきた。そういう雑誌があったのだ(注:今もあります)。おおよそ……20年前? ちょっと気になったので、「捨てる」の場所から拾ってきた。 すると、こんな広告記事があった。 指タッチ…

なんで生きているんだって気持ちが高まっている

まったくもううんざりしているんだ。食欲もあまりない。「なんで生きているんだ」って言葉が頭を何回も去来する。どこからか来て、ささやいて、帰っていく。どうせなら連れて行ってくれたらいいのに。「なんで生きているんだ?」のいるところに。 なんでおれ…

おれは害悪だ

おれが生きていてよかったと思うことはない。 だれが思ったのかこの際問題ではない。 おれが生きていてよかったということはない。 客観的事実に補足はいらない。 おれはおれの魂の在り処に還りたいと思う。 しかし、おれは遠くに来てしまって、戻ることはで…

わいせつフェルミ推定の街

「……以上が、わたくしが御社のはんぺん販売事業にコミットしたいと考える理由です」 正面に年かさの面接官、向って左手に大柄な体育会系の男、右手に小柄な眼鏡の男。三者が目配せした。おれの転職面接はこれで終わりだろうか。 と、思った瞬間を狙ったかの…

期待はずれの国

期待はずれの国には、期待はずれの国民が住んでいる。音頭を取って、なにかをしようというやつがいないではないが、どうも期待はずれっぽいなと思うと、音頭取りが引きずりおろされて、期待はずれに終わりそうだったなにかは、まったくの期待はずれのしろも…

人はなぜ眠らなきゃいけないのか?

ここのところ、朝がまったく駄目だ。寒くてお布団から出たくない、というのもある。あるけれど、「これは双極性障害が鬱側に振れている結果の過眠だな」という感覚もある。休日には平気で15時間くらい寝ている。こんなことを人に言うと「寝るのにも体力が必…

ボールを離さないで、スタンカ

ぼくはだいたい大丈夫だ。 だいたいにおいて大丈夫だ。 おおよそ病んでいるのは事実だし、お金もないのも事実だし、死にたいって思いが消えないのも事実だけれど、だいたい大丈夫だ。たぶん、そういうこったろうと思ってた。きっと、そういうことであってほ…

湯気の中から半開きの侍が出てきて

湯気の中から半開きの侍が出てきて、気分の悪いやつはためらわずに手を上げろ、と言った。おれは気分がすぐれなかったのですっと手をあげた。半開きの侍は折りたたみのテーブルに申し込み用紙を用意して、備え付けのボールペンで書けという。イチョウ並木は…

5年後おれは生きているのかな?

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年後おれは生きているのかな? なかなか微妙なラインだと思う。1年後くらいだと生きている可能性が高いな、と思うし、3年くらいならなんとか、というのもある。逆に10年となると厳しい…

なんでこいつはよりにもよってこんなところで体育座りをしてカップ焼きそばを食っているのだろう?

もう真冬の気温だというのに、街をゆく人たちは意地でも秋だといわんばかりに、秋のよそおいで寒さを我慢している。歩道の街路樹の下で体育座りをしてカップ焼きそばを食うやつがいる。街路樹の根元にはお湯を捨てた跡がある。なんでこいつはよりにもよって…