読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

さあ、ダービーウィークだ! 帚木蓬生『やめられない ギャンブル地獄からの生還』を読む

病識、という言葉がある。本人が自らの病気を認識することである。病識がない、病識を持ちにくい、といった文脈で語られることが大井。 おれには双極性障害の病識がある。おれには(正式に診断を受けたわけではないが)サケダイスキなアルコール依存症の病識…

映画『聖の青春』を観る

聖の青春 発売日: 2017/03/17 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (1件) を見る 恥ずかしながらというか、なんというか、おれはこの映画の原作である『聖の青春』を未読なのである。未読のかわりに、たぶん2冊持っているが、そこに意味はないので…

それほどラーメンが獣臭くないぞ『クリーピー 偽りの隣人』

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2016/11/02 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る けっこうラーメンが獣臭い映画かな? と思って観てみたら、それほどラーメンが獣臭いわけでもなかった。題材としては十分に…

記憶に残らないぞ『レッドタートル』

レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2017/03/17 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る ジブリが関わったセリフ無しのCG映…

『天冥の標IX PART2 ヒトであるヒトとないヒトと』まで読んだ!

天冥の標? PART2 ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫JA) 作者: 小川一水 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/10/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 1巻を読んでからどれだけ経ったろうか。 goldhead.hatenablog.com まあ…

三谷幸喜監督と脚本『ザ・マジックアワー』を観る

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2008/12/03 メディア: DVD 購入: 5人 クリック: 73回 この商品を含むブログ (276件) を見る ちょっとまえにこちらのエントリを読んだ。 www.anomaly3-movie…

『成駿伝』を読む

成駿伝 孤独の◎は永遠に― 作者: 監修・「成駿伝」製作委員会 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2017/04/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 清水成駿とおれ、おれと清水成駿。そのことは訃報を知ったときに書いた。 goldhead.hatenablo…

幽明境を……映画『岸辺の旅』の感想

岸辺の旅 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2016/04/20 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る どういう映画かよく知らないで観はじめた。岸部一徳が出きても驚かないつもりではいた。岸部一徳は出てこなかったが、柄本…

芋煮とエルロイ 深町秋生『探偵は女手ひとつ』

「こだな大雨にさらさって、逆に特別料金もらいたいぐらいだべ。ギャンブルに挑む男が、そだなケチくさいこと言ってると、貧乏神にとりつかれっぞ」 芋煮とエルロイ、エルロイと芋煮。とくに意味はない。そうだろうか? それをつなぐ作家が一人いるじゃない…

呉智英『吉本隆明という「共同幻想」』」を読む

吉本隆明という「共同幻想」 (ちくま文庫) 作者: 呉智英 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/10/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 吉本隆明という「共同幻想」 作者: 呉智英 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2012/12/07 メディ…

パルメニオン、いつになったら次が読めるの? 『ヒストリエ』10巻を読む

ヒストリエ(10) (アフタヌーンコミックス) 作者: 岩明均 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る もう、ほとんどタイトルオンリー、ワンアンドオンリー。というか、おれ、9巻読んだっけ? d.hatena.…

この感じが佐藤泰志 映画『オーバーフェンス』を観る

オーバー・フェンス 豪華版 [Blu-ray] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2017/03/10 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 佐藤泰志三部作、とされているらしい三作目。映画館で観たかったが、逃してしまった。主演はオダギリジョー…

映画『さようなら』を観る

さようなら [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2016/10/05 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件) を見る おれにとって世界3大石黒といえば石黒正数と石黒浩とカズオ・イシグロであって、今回は石黒浩博士の話となる。いや、ならない…

インターネットの「ウィンドウ」をいくら窺きこんだって……加島祥造『タオ 老子』を読む

タオ―老子 (ちくま文庫) 作者: 加島祥造 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/10 メディア: 文庫 購入: 10人 クリック: 51回 この商品を含むブログ (45件) を見る 言い直すと、世界ははじめ、 タオ・エナジーの働きを 徳(テー)として尊んだんだがね。 …

ラーメンが獣臭い度★★★☆☆ 映画『ヒメアノ~ル』

※見た方向けの感想です ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet 発売日: 2016/11/02 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (3件) を見る 森田剛がMC IKKUにレイドされるシーンがあるじゃん。あんとき、コンビニ弁当食ってる途中で、「森…

映画『デッドプール』を観る

DEADPOOL 出版社/メーカー: 20th Century Fox 発売日: 2016 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (4件) を見る おれはアメコミとは関係ない。マーベルとも関係ない。そうさ、おれがその手のアメリカのなにかにに対する距離感というのは、たとえばバレー…

労働嫌いのチャンピオンはだれ? 辻潤全集第2巻を読む

辻潤全集 (第2巻) 作者: 辻潤 出版社/メーカー: 五月書房 発売日: 1982/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る だから、人のために物を書いたことなどは殆どない、同時に、自分が感じないことや考えないことを書いたこともない。要するにあまり融…

柴田元幸責任編集『MONKEY』Vol.11 特集「ともだちがいない!」を読む

MONKEY vol.11 ともだちがいない! 作者: 柴田元幸,チャールズ・ブコウスキー,村上春樹,村田沙耶香,伊藤比呂美,谷川俊太郎,くどうなおこ,松本大洋 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2017/02/15 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 何…

このすばらしい終わり方に拍手を 『それでも町は廻っている』最終巻

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 少年画報社 発売日: 2017/02/14 メディア: コミック この商品を含むブログ (7件) を見る おれのなかの三大石黒といえば石黒浩博士、カズオ・イシグロ、そして石黒正…

読もう! 桜玉吉『伊豆漫玉日記』

伊豆漫玉日記【電子特典付き】<伊豆漫玉日記> (ビームコミックス) 作者: 桜玉吉 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン 発売日: 2017/01/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ま、なんというか、昨日の夜までこの単行本が出ていること…

事前情報もたまには大事やね 映画『孤高の遠吠』

jp.vice.com jp.vice.com おれは映画やらなにやらを観るまえに、できるだけ情報をシャットアウトしておきたいと思う人間だ。たとえば、たとえばの話だが、ラストに犬のうんこを食う映画があったとして、「これは最後に犬のうんこを食うんだな」と知っている…

『天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ』を読む

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA) 作者: 小川一水 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2009/09/30 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 108回 この商品を含むブログ (119件) を見る 天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈下〉…

人が子を残すとはなんぞや? 『リベラル優生主義と正義』を読む

リベラル優生主義と正義 作者: 桜井徹 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版 発売日: 2007/01 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログ (11件) を見る おれのなかには、おれの個人的な優生主義というものが存在している。 d.hatena.ne.jp 要するに…

双極性障害のおれが『うつ病の事典 うつ病と双極性障害がわかる本』を読む

うつ病の事典 (こころの科学増刊) 作者: 樋口輝彦,野村総一郎,加藤忠史 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2011/09/12 メディア: ムック 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る 野村総一郎、加藤忠史、とくれば、なにかしら信頼が置けるよ…

イタリア軍も戦っていたんだぞ 『炎の戦線エル・アラメイン』を観る

炎の戦線エル・アラメイン [DVD] 出版社/メーカー: ARC 発売日: 2009/11/24 メディア: DVD クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る 「エル・アライメンだっけ? エル・アラメインだっけ?」という疑問を抱く人は多いと思う。おれはその一人だ。ア…

『不安障害と双極性障害』を読む

不安障害と双極性障害 作者: 貝谷久宣,佐々木司 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2013/10/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 完全に医療従事者、というか医者向けの本なのであろう。とはいえ、おれは不安障害に対処する薬(ベンゾ…

『ひだまりが聴こえる』を読む

ひだまりが聴こえる (Canna Comics) 作者: 文乃ゆき 出版社/メーカー: プランタン出版 発売日: 2014/10/27 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る おれの女には息子さんがいて、生まれつきの難聴だ。だから、難聴ものの作品には興味があるら…

『SRサイタマノラッパー2☆傷だらけのライム』を観るのこと

SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る SRサイタマノラッパー2女子ラッパー☆傷だらけのライム [DVD] 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント 発…

問題はまず食うことだ―『辻潤全集』第一巻を読む

辻潤全集 (第1巻) 作者: 辻潤 出版社/メーカー: 五月書房 発売日: 1982/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る おれの今年のブームは辻潤である。年末まで生きているとして、「今年読んだ本のベスト5」とかしょうもうないエントリーを書くとしたら…

『DAVID BOWIE is』 is ……未来の音楽体験

davidbowieis.jp おれがこの世で一番美しいと思っている曲はデヴィッド・ボウイの「Life On Mars」であると何度か書いてきたように思う。おれはデヴィッド・ボウイが好きだ。とくに初期が好きだ。おれはブリット・ポップ、というかSuedeからさかのぼってグラ…

ラーメンが獣臭い度★★★★☆ 映画『葛城事件』

映画『葛城事件』公式サイト 葛城事件 [Blu-ray] 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 2017/01/11 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る 「カップルにも観て欲しい」〜衝撃作『葛城事件』赤堀雅秋監督に聞く (1/2) 本作は赤堀氏による…

あなたの「゜」はどっち回り? 『左右学への招待』

左右学への招待 (知恵の森文庫) 作者: 西山賢一 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2005/12/06 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (5件) を見る 「それでは、あなたが逃亡者だと仮定してたずねます。追っ手から逃げている道の先が、左と右に…

完全におれは辻潤みたいだ その3 玉川信明『ダダイスト辻潤』を読む

ダダイスト辻潤 (1984年) 作者: 玉川信明 出版社/メーカー: 論創社 発売日: 1984/11 メディア: ? この商品を含むブログを見る 辻潤の書いたもの二冊に続いて、辻潤について書かれたもの、評伝である。正直、辻潤が書きのこしたものには自伝や回顧録が多いの…

やはりあんたはおれなのか? その2 『辻潤 孤独な旅人』を読む

辻潤―孤独な旅人 作者: 辻潤,玉川信明 出版社/メーカー: 五月書房 発売日: 1996/11 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る 私はおよそどんな仕事にしろ、人間は楽しんで仕事をするようにならなければウソだ思っている。これから…

あんたはおれなのか? 辻潤『絶望の書/ですぺら』を読む

絶望の書・ですペら (講談社文芸文庫) 作者: 辻潤,武田信明 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999/08/10 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログ (17件) を見る 人間がイヤイヤ自分の仕事をしているということより悪いことはまずこの世の中に…

今年観た50本の映画からおすすめを5本くらい紹介する

[映画]記事一覧 - 関内関外日記(跡地) 映画 カテゴリーの記事一覧 - 関内関外日記 読書の方はいまいちだったが、映画はいくらか面白いものを観ることができたように思う。ちなみに、というか、とうぜんのことながら映画館で観たものだけではなく、円盤で視…

タイトルに偽りあり? 『生物はなぜ誕生したのか』

生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学 作者: ピーター・ウォード,ジョゼフ・カーシュヴィンク,梶山あゆみ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/01/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る おれはパンスペルミア説を信…

秋山清『ニヒルとテロル』を読む

ニヒルとテロル (秋山清著作集) 作者: 秋山清 出版社/メーカー: ぱる出版 発売日: 2006/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 組織における、資本力における、はるかな優越、したがって現社会における支配的力としての強者は、わが国にお…

ヤクザとテレビとへのレクイエム『龍三と七人の子分たち』

龍三と七人の子分たち [DVD] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2015/10/09 メディア: DVD この商品を含むブログ (19件) を見る 70歳の高橋龍三は、引退した元ヤクザ。“鬼の龍三”と畏れ慕われた時代はもはや過去のもの。現在は家族にも相手にされ…

世界の片隅の情けなさ 映画『この国の空』

この国の空 [Blu-ray] 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー 発売日: 2016/01/20 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る この世界の片隅、第二次世界大戦中、終戦の近い空襲下、ある男女、ある家族の……話。べつにあれを観たから、…

文春で好評ですって 桜玉吉『日々我人間』を買う

まさか、桜玉吉の名前を「文藝春秋の新刊」で見る日がくるとはなぁ。玉吉もなぁ。 ……というわけで、桜玉吉の『日々我人間』である。 日々我人間 作者: 桜玉吉 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を…

はてな双極性障害クラスタのおれが読む『ノーチラスな人びと』

副題は『双極性障がいの正しい理解を求めて』。「障害」の「害」の字を開いているのは編著者の意志あってのことらしいが、おれは面倒だし、なんか変だと思う(だったら「障」の字に悪い意味はないのか、とか)ので「障害」を使う。この本は現場のお医者さん…

犬を殺すな 『ジョン・ウィック』

ジョン・ウィック(字幕版) 発売日: 2016/02/10 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る どんな映画にも、一つくらいためになる教えがあると思う。どんなくだらなかったり、娯楽に徹していたり、難解で眠くなるようなやつだったりしても、一つく…

『弱さの思想 たそがれを抱きしめる』を読む

弱さの思想: たそがれを抱きしめる 作者: 高橋源一郎,辻信一 出版社/メーカー: 大月書店 発売日: 2014/02/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 「弱さ」の中に、効率至上主義ではない、新しい社会の可能性を探ってみたい。 「弱さ」と「…

ワンダラー・ベイビー? 『百円の恋』を観る

百円の恋 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2015/06/10 メディア: DVD この商品を含むブログ (12件) を見る 新井浩文、という名前を見かけると、その作品はおもしろいんじゃあないか、という気がする。本作もそうである。輪をかけ…

必見としか言えん 映画『この世界の片隅に』

映画が終わり、シアターが明るくなる。隣で見ていた女が言う。 「あれよりもぜんぜんすごいじゃない」 おれはこう応える。 「そりゃもう、原作からして違いますからね」 ……べつにこの映画を賞賛するために、べつの作品を貶そうというわけではないが、そんな…

アニメ『バケモノの子』をぼんやり観ること

バケモノの子 (スタンダード・エディション) [Blu-ray] 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2016/02/24 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (12件) を見る 人の趣味趣向はさまざまであって、この人の作品はおれには向いているとか、この人の作品はおれに…

秋山清『日本の反逆思想』を読む

いやしくも、狂愚にあらざる以上、なんびとも永遠・無窮に生きたいとはいわぬ。しかも、死ぬなら天寿をまっとうして死にたいというのが、万人の望みであろう。一応は無理からぬことである。 されど、天命の寿命をまっとうして、疾病もなく、負傷もせず、老衰…

アルコール依存症は「明るい病気」になれるのか? 西原理恵子×月乃光司『おサケについてのまじめな話』

西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気 作者: 西原理恵子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2010/07/01 メディア: 単行本 購入: 15人 クリック: 457回 この商品を含むブログ (35件) を見る 「ガンてこんなにかわいがら…

結局は「人の縁」か……鈴木大介『脳が壊れた』を読む

脳が壊れた (新潮新書) 作者: 鈴木大介 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/06/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る いわゆる下流、貧困、アウトローなどをテーマにした著作の多い著者が、脳梗塞になった。脳梗塞になって、高次脳機能障…