感想文

Amazonのレビューに涙する 桜玉吉『日々我人間2』

日々我人間2 作者:桜 玉吉 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2020/01/16 メディア: 単行本 桜玉吉の『日々我人間』の二巻である。予約して買って、読んだ。一気に読むのもったいないので、三日に分けて読んだ。掲載誌の「週刊文春」では2016年から2019年ま…

テレビにもドキュメンタリーにもご用心 映画『さよならテレビ』を観る

映画『さよならテレビ』公式サイト 本作は東海テレビ開局60周年記念番組「さよならテレビ」(77分)に新たなシーンを加えた待望の映画化である。自らを裸にしていくかのような企画は、取材当初からハレーションを引き起こした。そして、東海地方限定で放送さ…

ショージ君もそんな歳か……東海林さだお『ガン入院オロオロ日記』を読む

ガン入院オロオロ日記 (文春文庫) 作者:東海林 さだお 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2019/10/09 メディア: 文庫 おれが書くおれの文章に一番影響を与えたのはだれか? 答えは、東海林さだおである。おれはいろいろな文才のある人のすばらしい文章から…

RtB! RtB! ストライクウィッチーズ『劇場版 501部隊発進しますっ!』を買う

【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ! ( 購入特典:藤林真描き下ろしイラスト使用B2布ポスター ) [Blu-ray] 出版社/メーカー: KADOKAWA アニメーション 発売日: 2019/12/25 メディア: Blu-ray 自己批判をする。おれは『劇…

六段、B級2組、21歳―『3月のライオン』15巻を読む

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス) 作者:羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2019/12/26 メディア: コミック おれは『3月のライオン』の最新刊が出ていることに気づかなかった。気づいたので買った。15巻の主役とも言えるのが、下の自己…

地べたより下の世界から ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』を観る

おれは常々、ネットに言葉を放つときに心がけていることがある。それは「地べたからの視線であれ」ということだ。おれがおれ以上のものであるふりをしてものを言っては、あまりよくない。あくまでおれの地べたからものを言え、ということだ。 おれの地べた。…

労働の映画よな ケン・ローチ『家族を想うとき』を見る

ケン・ローチ監督の最新作『家族を想うとき』を観た。この映画の存在を知ったのは次の記事による。 gendai.ismedia.jp おれはあまり熱心な映画好きでもないので、ケン・ローチ監督の最新作などさっぱり知らなかった。知らなかったが、上の記事で知った。観た…

おれは知らない間に双極症になっていたようだ

おれは知らない間に双極症になっていた。症状の話ではない。名称の話だ。 双極性障害[第2版] (ちくま新書) 作者:加藤 忠史 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2019/06/06 メディア: 新書 おれはおれの持病、おれの障害であるところの双極性障害(躁うつ病)…

苦しみ、迷う人に「生きる意味より死なない工夫」 南直哉『老師と少年』を読む

老師と少年 (新潮文庫) 作者:南 直哉 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/11/28 メディア: 文庫 南直哉の書いた物語である。実に短い本なので、べつにおれがどうこう紹介したり、感想を書いたりする必要もないように思える。あっという間に読めてしまうの…

独り身のゴミカス依存症は相手にもされない 『ギャンブル依存症サバイバル』を読む

ギャンブル依存症サバイバル ―パチンコ・スロット・競馬・競輪におぼれる人を救済するため、患者・家族・医療者に贈る指南書 作者: 熊木徹夫,ギャンブル依存症研究所 出版社/メーカー: 中外医学社 発売日: 2015/08/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

もう宇宙世紀はお腹いっぱいかも『機動戦士ガンダムNT』を観る

機動戦士ガンダムNT 発売日: 2019/02/20 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る おれはRX-79年生まれの陸戦型宇宙世紀ガンダム世代だ。おれのなかのガンダムとはあくまで宇宙世紀ものだ、というおっさんである。 というわけで、宇宙世紀ものの『…

『センコロール コネクト』を観る

センコロール コネクト(完全生産限定版) [Blu-ray] 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2019/10/23 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る このあいだ、ほぼ「一人で作ったアニメ映画」を見た。 goldhead.hatenablog.com で、本作『センコロー…

精神科医のざっくばらんなお薬話『精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価』

精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価 作者: 神田橋條治,兼本浩祐,熊木徹夫 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2007/10/18 メディア: 単行本 クリック: 23回 この商品を含むブログ (12件) を見る 精神科医というのは、抑うつ状態になったこ…

幸福の50%は遺伝によって決定されている―『幸せがずっと続く12の行動習慣』を読む

幸せがずっと続く12の行動習慣 作者: ソニア・リュボミアスキー,渡辺誠,金井真弓 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2012/02/16 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 36回 この商品を含むブログを見る おれが自己啓発本、幸せ探し本を読むのは珍し…

この世は正気ではいられない! 永田カビ『現実逃避してたらボロボロになった話』を読む

先日、こちらの記事というか、漫画を読んだ。 これ、ネットで無料公開されている『一人交換日記』(部分)も読んで、買ってみようかな? と思った。『レズ風俗』も(すべてではないだろうが)ネットで読んだ覚えがある。 togetter.com ともあれ、『現実逃避…

なぜなんだぜ? 吉田伸夫『科学はなぜわかりにくいのか?』を読む

科学はなぜわかりにくいのか - 現代科学の方法論を理解する (知の扉) 作者: 吉田伸夫 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2018/04/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 「科学はなぜわかりにくいのか?」という以前に、おれと…

あまり興味持てませんで……映画『ファースト・マン』

ファースト・マン(吹替版) 発売日: 2019/06/19 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ファースト・マン (字幕版) 発売日: 2019/06/19 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ル……ニール・アームストロングの伝記映画。おれはアーム…

一人でアニメを作るというと……『アラーニェの虫籠』を観る、が

おれはこの間、一人でアニメ作りをしているという人のことを知った。以下の記事である。 news.nicovideo.jp 伊勢田勝行氏である。知る人ぞ知る、というか、三峯徹的に知られているというか、まあ、そういう存在なのだろうけど、おれはこの人のことをまーった…

『反出生主義を考える』(「現代思想2019年11月号」)を読む

おれは反出生主義者である。 おれが反出生主義者になったのは、エミール・シオランを読んだからではない。ましてやデイヴィッド・べネターを読んだからでもない。 おれの反出生主義は、おれというおれ以外にいないおれが生きてきてたなかで、自然とそうなっ…

石黒正数はいま日本で一番おもしろい漫画家よな

……って、すみません。言い過ぎです。なにせおれは購読している漫画雑誌もなければ、単行本をたくさん買っているわけでもないからです。そもそも、石黒正数だって『それでも町は廻っている』のアニメが先で知った部類の人間です。ああ、だから、石を投げない…

『アリータ:バトル・エンジェル』、あるいは古舘伊知郎の使い方

アリータ:バトル・エンジェル (吹替版) 発売日: 2019/07/31 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 登場人物オールCGIのアニメーションだと思っていたので、吹替版で見た。主人公だけCGIだった。全身義体(『銃夢』を知らないのでこの用語が正…

フオオオオオオオ! 『死してなお踊れ 一遍上人伝』を読む

死してなお踊れ: 一遍上人伝 作者: 栗原康 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/01/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る あと、これはさいきんの調査でわかったことなのだが、もともと『一遍聖絵』では、一遍は素っ裸だったらし…

踊れアナーキー! 映画『ジョーカー』を観る

なんの休みかしらないが、2019年10月14日、横浜の朝は寒かった。おれは寒さで目を覚ました。目覚ましより30分以上早い。それならば、起きてしまおう。起きて、コンビニに寄って、そうだ、映画館のある桜木町のモスバーガーで朝モスしながら馬券でも買うか。…

『狂い咲け、フリーダム アナキズム・アンソロジー』を読む

狂い咲け、フリ-ダム (ちくま文庫) 作者: 栗原康 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/08/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る はじめに はじめにファックありき。わたしは正論がキライだ。ファックである。あっ、正論っていっても、雑誌の名…

『大杉栄伝 永遠のアナキズム』、あるいは大杉一派ブック・ガイド

大杉栄伝: 永遠のアナキズム 作者: 栗原康 出版社/メーカー: 夜光社 発売日: 2013/12/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 面白そうなものに飛びつく。飛びついてみて、そこからつながっているところにジャンプする。それを繰り返す。そうしてい…

2019年夏アニメ振り返り

2019年夏アニメを振り返りたいと思う。全体的に見て、良作が多かったように思う。その前に比べると、そんな感じかな、と思う。 2019夏アニメ一覧|前期(7月放送開始)アニメ情報 | アニメイトタイムズ こちらから五十音順に見たものを振り返る。 ヴィンラン…

文明の恐怖に直面してなけど『文明の恐怖に直面したら読む本』を読んだ

文明の恐怖に直面したら読む本 (ele-king books) 作者: 栗原康,白石嘉治 出版社/メーカー: Pヴァイン 発売日: 2018/08/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 文明の恐怖に直面している自覚はないが、『文明の恐怖に直面したら読む本』を読んだ。…

『時効警察・復活SP』おもしろかったよな 〜人生はくだらないおしゃべりに尽きるのだ

www.tv-asahi.co.jp 昨日、「テレビ朝日が映らない」みたいな記事書いたんだけど、まあ実際は映ってて、もし、映ってなかったら『時効警察・復活スペシャル』見られなかったから、そりゃあ残念だったなーと思った。 いや、おれ、『時効警察』好きなんよ。あ…

魂はどこにあるんだい? 映画『アド・アストラ』

映画『アド・アストラ』をIMAXシアターで見てきた。 プロデューサーにして主演のブラッド・ピットといえば『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で見かけたばかりだし、「アストラ」を含むタイトルのSF作品というと『彼方のアストラ』を見たばか…

おれは老害SF警察だった! 『彼方のアストラ』感想

ちょっと前からネット上というか、Twitter上で『彼方のアストラ』が話題になっていた。薄目で見てみると、どうも「SF警察」などという単語が見える。ということは、『彼方のアストラ』が「SFかどうか?」的な話のようだ。そのうえで、「それじゃあ新しくファ…